*All archives* |  *Admin*

≪11  2007/12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  01≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-31(Mon)

2007年最後の日没に寄せて

2007年の最後の日没


夕闇が背中に迫ってくる
あたしはどこへ帰ればいいのだろう

帰る場所のないあたしは、
小さい子どものように泣きじゃくりたい

待つ人のいないあたしは
帰る場所が判らない…
スポンサーサイト

more...

2007-12-31(Mon)

News 正月短期里親2件

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/hyogo/071229/hyg0712290315000-n1.htm
施設の子供に家庭の正月を 兵庫・たつので受託式
2007.12.29 03:15 毎日新聞

 児童養護施設で暮らす子供たちに温かい家庭で新年を迎えてもらおうと、「短期里子受託式」が28日、たつの市の市分庁舎で開かれ、年末年始の間、一緒に過ごす里親と里子が対面した。

 児童福祉施設で生活している子供たちに、「家庭」の雰囲気を味わってもらおうと、同市が受け入れの里親を募集して実施している。市内10軒の家庭が里親となり、市内外の3施設の12人を里子として“縁組”した。

 受託式では、西田正則市長が「楽しい正月を」と呼びかけた。去年に引き続き里子となった女児(9)は「とても楽しみ。いっぱい遊びたい」と話していた。

http://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/0000785960.shtml
家庭の正月楽しんで 今年も「短期里親」 神戸新聞

 正月を家族と過ごせない児童養護施設の子どもを篠山市内の家庭で受け入れる「年末年始短期里親事業」が二十八日、始まり、市役所で歓迎会があった。

 同事業は子どもたちに温かい雰囲気の中で正月を迎えてもらおうと、市福祉事務所などが実施しており、今回で四十六回目。加古川市の立正学園の子ども十三人が、篠山の九家庭と一月四日までの八日間をともに過ごす。

 歓迎会では酒井隆明市長が「里親や近所の方はよい人ばかり。遠慮なく楽しいお正月を過ごしほしい」と子どもらに呼び掛けた。同園の藤本邦憲学園長は里親らに向け、「この事業に子どもたちは少しの不安と大きな期待を持っている。里親の家を家庭のモデルとしても見ていると思うので、何でも話してあげてほしい」と語った。(小林隆宏)(12/29 12:20)

more...

2007-12-30(Sun)

施設では、毎日が大掃除

忙しくて飛び回っているわ2

 あたしのいた養護施設では、2回掃除をするの。
LeiちゃんやWolfさんと話していたら、同じように2回していたというの。

一日に2回掃除させるという、児童福祉施設最低基準「細則」でもあるのかしら…

 朝、6時に起きて、マラソンのあとに全員で大掃除。
学校から帰ってから、夕食の前に全員で大掃除。クラブ活動を認められた子だけは、免除されていたと思う。

 そして、クリスマスの頃から、子どもが帰省して、大晦日には三分の一以下になり、だだっ広い施設を除する分担が増えて文句が出るから、自分たちの部屋と食堂、風呂場、廊下くらいに縮小されていた。

more...

2007-12-29(Sat)

お正月は、閑散とする養護施設

20071213peeping_cat

あたしの中では、まだまだクリスマスシーズンは続いている。

News 「三人の賢者」に扮した子供ら1500人、賛美歌合唱イベントに参加

 25日のクリスマス、仕事帰りに繁華街を歩いていたら、デパートのショーウィンドウの入れ替え作業が行われていたの。
 クリスマスの飾りを撤去し、お正月の飾り付けをしていた。
 
 なによ~、今日はまだクリスマスよ!
 
 思わず叫びたくなったわ。
 
 日本はキリスト教の国ではないし、当然、クリスマスは国民の休日ではないし、日本のクリスマスが商業主義にのった単なるイベントと化しているは判っているけど、この余韻のなさは、とても悲しいと思うの。
 日本では、12月24日の晩までがクリスマスシーズンで、25日からはお正月シーズンに突入するのだと思う。
 

more...

2007-12-29(Sat)

オマキザルのアルマーニを取り戻した飼い主の話

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2329804/2476482
【動画】米国でペットと人間のつながり認める画期的な判決
2007年12月27日 18:22 発信地:ロックビル/米国

【12月27日 AFP】ペットとしての飼育は違法だとしてサルを没収された米国の飼い主が、長期にわたる裁判を経て、サルとの暮らしを取り戻した。ペットなのか家族なのか。心のつながりの勝利か、動物の過剰な保護か。今回の判決は、ペットと人間の関係に一石を投じる画期的な内容となった。(c)AFP


 (関連記事)⇒オマキザルのアルマーニ、7か月の法廷闘争の末、無事飼い主の元へ戻る

 飼い主がペットの虐待を疑われて、サルを没収され、裁判で取り戻した話なのね。

 ま、自分の所有物を不当に奪われたのだから、取り戻すのは当然だと思うけど、動画のなかに、ちょっと気になるコメントがあったの。

 「動物愛護家はさらに主張する。財産を慈善団体に寄付するよりも、ネコに相続させることが求めています。」

 うーん、ネコに相続された財産は、誰が管理するの?
そのネコが死んだら、財産は、そのネコの子どもが相続するの? 子ネコの父親の飼い主が別の人だったら、どうなるの?

 ま、気持ちは分からないでもないけど、仮に相続させるとしても、一代限りの相続とし、ネコが死んだ後は慈善団体に寄付するとしないと、ややこしくなると思う。

 記事は、アルマーニの飼い主のエリゼ・ガズウィッツ(Elyse Gazewitz)さんを、「飼い主」と正しく表現しているし、客観的な表現はとてもいいと思うの。
 日本の軽薄なマスコミだったら、間違いなく「里親」と表現している場面だろうな…、思ったわ。
2007-12-25(Tue)

ケーキはクリスマスに食べるのよ!

ケーキは25日に食べるんだにゃー

 今日はクリスマス。キリスト教の施設で育ったあたしは、施設での生活の良し悪しは別として、お正月よりもクリスマスに思い入れがあるの。
 クリスマスツリーやキリストが生まれた馬小屋のジオラマは、12月に入ったら設置されていたと思うの。
 クリスマス当日に、お客様をご招待してクリスマス会が開かれる。そのクリスマス会の出し物を、かなり前から練習する。幼児さんは踊り、小学生は歌や楽器の演奏、中学生はクリスマス劇というように。
 練習は、学校から帰ってきたら、すぐに練習に取りかかり、夕食後も寝るまで練習していた。お客様に喜んで欲しいとか、誰かへの感謝をあらわすために練習するのではないの。ただ、やることが決まっているからやる。ただ、それだけ。
 夜遅く、布団に入ってまで、踊りのレコード音楽が聞こえてきたこともあった。同室の中学生達が練習でいないまま、数人の小学生だけで寝付いたこともあった。
  クリスマスを迎えるまでは、クリスマス会の出し物の準備に、ただ追われていたの。

more...

2007-12-25(Tue)

養護施設の子どもたちに、神の祝福と温かい家庭をお与え下さい

天には栄光 地には平和 こどもたちには家庭を

 Merry CHRISTMAS

 Leiちゃんと、教会の深夜ミサに行って来たの。
あたしは、いろんな事を過去のものとすることができた。神の代理人もまた、迷える人間で、その行為でもって神の代理をしているのではないということ。アメリカでは、カトリック神父の児童性虐待が社会問題化し、賠償金による教区の倒産の危機にまで発展した。
 日本では、Edwardさんが訴えているけど、日本カトリック協議会からは無視され続けている。

 あたしは、被害を受けたけど、加害者にはならなかった。最後の審判の日に、胸を張って臨むことが出来る。

 あたしたちは、生き延びた。だけど、生き延びることが出来なかった子どもたちがいる。

more...

2007-12-22(Sat)

施設内虐待は責任を取らなくていいのね…

読売新聞 2007年12月21日
原告「負けに等しい」  「恩寵園」損害賠償訴訟
地裁判決 元園長の責任認めず


 「園長に謝ってもらえないと、怒りが収まらない」――。船橋市薬円台の児童養護施設「恩寵園」で園児が長年にわたり虐待を受けていた事件に絡む民事訴訟で20日、千葉地裁が県に賠償を命じたことを受け、原告側の元園児らが千葉市内で記者会見を開き、虐待の事実を認定する一方で元園長の賠償責任を認めなかった判決に憤りをあらわにした。

 この日の判決では、被告側が「訴えの中で例示された虐待の事実の大半は事実に反する」と主張していたのに対し、元園長の虐待を認定した上で「限度を超えており違法」と判断。同園を監督する県の賠償責任は認めたが、元園長については不問とした。原告で船橋市のとび職の男性(25)は「負けに等しい判決。虐待の当事者の園長に謝ってもらわないと気持ちは晴れない」と悔しさをにじませた。

 また、1人当たり10~80万円にとどまった賠償額についても、原告らは「苦痛を理解しているとは言えず、納得できない」とした。同園の一連の虐待問題を11年間支援している山田由紀子弁護士も「長年にわたる虐待に対して、あまりにも安すぎる」と語った。

 原告のうち、2歳から14歳まで在園したというさいたま市の男性会社員(25)は「ハサミで足を切られるなど日常的な体罰を受け、地獄の日々だった。今でも本人に会うのは怖いが、反省を謝罪で示してほしい」と話した。また、同市の女性(25)は「虐待を受け続けたので、自分も子どもに同じことをしないか不安」と表情を曇らせた。

 一方、判決を受けて堂本知事は「子どもたちを守り、育てる児童養護施設での虐待はあってはならず、決して許されない。県として厳粛に重く受けとめている。対応については判決内容をよく読んで、今後すみやかに決定したい」とのコメントを出した。

more...

2007-12-20(Thu)

恩寵園判決速報

お知らせ



時事通信社
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007122000695


2007/12/20-15:36 県の責任認め賠償命令=児童養護施設で虐待-卒園生7人に計290万円・千葉地裁

 千葉県船橋市の民間児童養護施設「恩寵園」の卒園生11人が施設で虐待を受けたとして、元園長(71)や県などに計1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、千葉地裁であった。仲戸川隆人裁判長は県の責任を認め、卒園生7人に計290万円を支払うよう命じた。元園長と施設運営母体の社会福祉法人に対する請求は棄却した。


theme : 親が育てない子を里親家庭へ
genre : 福祉・ボランティア

2007-12-19(Wed)

恩寵園判決のお知らせ

告知

Mariaの祈り


STOP!養護施設内虐待のBBSより引用

日時 12月20日(木)15時~ 
場所 千葉地方裁判所 405号法廷
http://www.courts.go.jp/chiba/about/syozai/chibamain.html


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20071218-OYT8T00605.htm
「恩寵園」損賠訴訟あす判決 虐待の認定焦点に

 船橋市薬円台の児童養護施設「恩寵(おんちょう)園」で虐待を受けたとして、卒園生の男女11人が元園長(71)と県などを相手取り、計1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決があす20日、千葉地裁(仲戸川隆人裁判長)で言い渡される。元園長と二男の元職員が傷害などの罪で有罪判決(確定)を受けた事件は、1996年に入園者が集団で逃げ出して虐待が表面化して以来、11年ぶりに民事でも決着する。

 原告のうち2歳から16歳まで同園で生活した都内の会社員女性(26)は「殴られるのは日常茶飯事で、乾燥機に閉じこめられたこともあった。今でも仲間の悲鳴が頭を離れない」と振り返る。裁判で過去の体験を思い出すのはつらいが「虐待に苦しむ子どもに勇気を与えるような判決を期待したい」と話していた。

 同園を巡っては96年4月、入園者の男女計13人が児童相談所に保護を求めたことで問題が表面化した。園児側は97年10月、県知事を相手取り、園長への給与を返還するよう求める訴訟を提起。千葉地裁は00年1月、虐待を認定しながら請求を棄却する判決を言い渡している。また、園児側の告発を受けた県警は同年、元園長の二男の元職員を強制わいせつ容疑で、元園長を傷害容疑で、それぞれ逮捕。元園長は最高裁で02年10月に懲役8月執行猶予3年の有罪が確定。また、二男も、婦女暴行などの罪で起訴され、千葉地裁で00年10月に懲役4年の判決を受け、確定している。

(2007年12月19日 読売新聞)

theme : <児童福祉>
genre : 福祉・ボランティア

2007-12-18(Tue)

News 沖縄の県立児童養護施設を民間委託へ

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200712181300_08.html
2007年12月18日(火) 沖縄タイムス
石嶺児童園 管理者に美原福祉会


 虐待など家庭で養育できない子どもたちが入所する児童養護施設「県立石嶺児童園」の指定管理者に社会福祉法人美原福祉会(うるま市、平敷昌一理事長)が決まった。十七日の県議会少子高齢特別委員会で、同福祉会を指定管理者とする議案を賛成多数で可決した。
 同福祉会は二〇〇八年四月から県立直営だった同園を運営する。県は移行に伴う激変緩和措置として来年四月から一年間、県職員四人を派遣する。

 委員会質疑で、委員らは管理者に既存の民間施設から応募が無かったことを疑問視。「民間施設は運営の維持が精いっぱい。県立の役割は大きい」と指摘し、専門性が必要な施設運営を経験の無い法人へ委託することに不安の声が上がった。

 伊波輝美福祉保健部長は「(児童養護施設運営の)経験があるから良いとは限らない。きちんと処遇してもらえると思う」と述べた。

 県立に比べ、民間施設の職員給与が低いことも明らかになった。県青少年・児童家庭課は、指定管理者への委託費として職員平均給与を年三百二十万円(勤続年数五年程度)と試算しているが、同児童園の職員平均給与は約二倍の年六百八十万円(同十五年)だった。

 委員は指定管理者への移行で人件費が半減することを懸念。「難しいケースが増えている中で職員待遇が悪化すれば、入所児童へのサービスが低下する恐れもある」と心配した。

 奥平一男氏(社大結連合)、前田政明氏(共産)らの質疑に答えた。

more...

2007-12-16(Sun)

読書:他の養護施設の子の話と自分の過去との心理的距離間

わたしの本棚:読書に関する思考錯誤 思わぬ読書ラッシュで、思考が貝のように頑迷になるまえに、ここで文章化トライしておこう。リアル世界でわたしを知っている人以外にとっては、わたしはアノニマスな筈だから。他の施設の子の本を読むということ 「和子6才いじめで死んだ」の余韻に包まれて日々生活しているが、人間の感度については時々、精巧とは言いがたいアバウトなわけ方をしているなあと感じてもいる。 施設のこうい...
読書:他の養護施設の子の話と自分の過去との心理的距離間



 Leiちゃんが頑張って感想文を書いているから、あたしも頑張って書こうと思うの。

 あたしが持っている本は、1992年2月が初版となっているの。たぶん、新聞か何かの書評に出ていたのを、自動的に買って、それっきり本棚にしまいっぱなしだと思うの。
 養護施設関係の本、性的虐待の本は、読めもしないくせに、なぜか買い込んでしまう。
 今回は、Leiちゃんに刺激されて、読んでみようという気になったの。この本は、施設で死んだ6歳の子の裁判記録と、それについての専門家の立場からの考察がある。とても深い内容なので、何回かに分けて書こうと思う。
 
 この本では、施設名は「昭和館」となっているけど、岡山市立の養護施設は「善隣館」しかないから、「善隣館」で間違いないと思うの。
 
 まず、事件のあらましから…

more...

2007-12-11(Tue)

里親番組のご案内


案内

nhk



 印刷用pdfファイル / HP

 本日

 20時-20時30分
放送局:NHK教育

 にて、里親さんの番組があります。

theme : 親が育てない子を里親家庭へ
genre : 福祉・ボランティア

2007-12-10(Mon)

ごちゃまぜな「ルポルタージュ」

 Leiちゃんが、「荒廃のカルテ:少年識別番号「1589番」として呼ぶ方が馴染み深い」と題して、読後感を語ってくれたの。Leiちゃん、ありがとう。
 
 あたしは、この事件が起きたことも知らなかったし、本が出たことも知らなかったの。あたしの記憶は曖昧なうえに、テレビもラジオも視聴しないから、世間を騒がせた事件でも、知らないことがある。
 
 ただ、この本は、なぜか買っていたの。でも、読むことが出来ず、本棚の奥に眠っていた。さらに、文庫まで持っていた。
 あたしのくせは、そのときに読めなくても、向き合えなくても、とりあえず買ってしまうこと。いつか、読もうと思って買うけど、そのまま本棚に入れっぱなしになるから、新品のまま。ハードカバーの奥付けをみたら、1985年の7月1刷、91年8月4刷とある。だから、91年以降に買ったものだと思うの。
 
 今回、もこさんとのやりとりの中で、思わずこの本の話をしたけど、読んだ記憶がないの。せっかく話がでたし、Leiちゃんが読むというので、これまた新品で一度も読んでいな文庫本をあげた。
 
 Leiちゃんが、こんなに丁寧に読後感を語ってくれたから、あたしも、頑張って読むことにしたの。でも、頭が痛くなるわ、吐きまくるわ、気がついたら眠っていたわ、でさんざんだったわ。

more...

2007-12-07(Fri)

あなたのお住まいの自治体は、子どもの家庭で育つ権利を実現していますか?

燃ゆる紅葉に 燃え切れぬ思いを託す 晩秋かな

 sidoさんの里親のHPで、平成18年度(19年3月末)の社会的養護の状況がアップされたの。

⇒都道府県市の社会的養護の状況(平成18年度)

 これは、都道府県政令指定都市の里親、養護施設、乳児院の状況をグラフを使ってわかりやすく表したものなの。

 これによると、日本の平成18年度の里親委託率は、9.4%で、前年度の9.1%から0.3ポイントアップなのね。
 家庭で育つ子が前年度の3,293人から131人増えて3,424人になったの。里親家庭にいけて、本当に良かったわね、と言ってあげたい。

 このグラフを見ていると、自治体毎に里親委託率がこんなにも違うことに驚くの。要するに、子どもを里親家庭に委託したいと頑張る自治体では、3割近い子どもが里親家庭で育つことが出来るのに、1.1%の子どもしか里親家庭にいけない自治体もあるの。

 措置された自治体によって、子どもの家庭で暮らす権利が違う現実があるの。

 たとえば…

more...

2007-12-05(Wed)

社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会報告書

養護施設中心の児童養護を刺して欲しいわ

 社会保障審議会児童部会社会的養護専門委員会報告書が厚労省の新着情報にアップされました。

 さっそく、PDF版を勝手に応援サイトにアップしました。

 ⇒里親さんを勝手に応援サイト

tag : 社会的養護

2007-12-04(Tue)

第3回 児童部会 社会的養護専門委員会 議事録(厚労省HP)

子どもたち、大きく羽ばたいて欲しいわ


http://sky.cside6.com/hooray-fosterfamily/index.html


議事録が公開されていますので取り急ぎUPしました。印刷に便利なPDF版もあります。

theme : 親が育てない子を里親家庭へ
genre : 福祉・ボランティア

2007-12-03(Mon)

養護施設児童の入所児の経年変化イメージ



養護施設入所時年齢と調査時年齢別児童数

※総数 30,416人
  入所時平均年齢5.9歳  調査時平均年齢10.2歳


 里親sidoさんのHPに「児童養護施設入所児童等調査結果の概要(平成15年2月1日現在)」があるの。※こちら⇒

more...

2007-12-02(Sun)

News 赤ちゃんポスト中期的検証会議、来年夏に中間報告

http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/043/043_07120101.htm
2007/12/01 読売新聞
赤ちゃんポスト中期的検証会議、来年夏に中間報告


 慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)の社会的課題を中期的視点で検証するために県と熊本市が設けた「こうのとりのゆりかご検証会議」(座長=柏女霊峰・淑徳大総合福祉学部教授、6人)の初会合が30日、県庁で非公開であり、来年夏に中間報告を行うことを確認した。

 会合後、記者会見した柏女座長によると、事務局の県と設置許可者の市が、5月10日の運用以降の預け入れ状況や、これまで「刑事責任に問われる違法な事例はなかった」ことなどを説明。これに対し、各委員からは「匿名で預けられるため、出自を知る子どもの権利がどうなるか」「養育放棄を助長するとの懸念にどう答えるのか」などの意見が出たという。

 検証会議では、これらの意見を踏まえて▽ゆりかごの利用前▽ゆりかごの設置と運用▽ゆりかご利用後――の三つの論点を設定。各論点に応じて、「ゆりかごが設置された社会的な背景」、「現行制度における課題」、「里親、特別養子縁組制度を巡る課題」などを検討することにした。

 その後、「現状分析と評価」とのテーマで意見交換したが、内容について柏女座長は「個人情報を含む」として明かさなかった。

 柏女座長はゆりかごの是非については言及しなかったが、子どもが預けられた場合、「その子が、幸せな人生を送るために、社会で何ができるのかを議論したい」と話した。

 検証会議は、児童福祉、法医学、社会保障法などの専門家がメンバー。3、4か月ごとに会合を開き、次回は来年3月の予定。2009年秋をめどに最終報告をまとめ、必要に応じて国などに妊娠、出産や児童福祉などを巡る現行制度の改善策を提言する。

 関係者によると、ゆりかごには半年間で乳幼児8人(男児7人、女児1人)が預けられ、うち男児1人は親が引き取っている。

more...

2007-12-01(Sat)

養護施設に入れば、死刑囚にならなかった?

また絡む人? めんどっちいわね

 Leiちゃんが、「遠くの明かり:他の里親子の番組をくり返し見続けるある里子の話」という記事で、里親家庭で育つことが出来なかった思いを書いたら、もこという方が、とつぜん、このようなコメントを書いたの。
 コメントの趣旨を明確化するため、キーワードだけピックアップします。
もこさん
・家庭で育っても 不幸な人もいるし、
・施設で育って 幸せな人だっているかもしれないし、
・里親に育てられることも、もしかしたら いいことばかりじゃないかもしれないし

 ま、いままでの侵入者の経験から、このような発言をする人は、自身の家庭に対する複雑な気持ちがあることは分かっているの。
 
Maria
・仮定による比較は、間違っている
・施設で親(里親)の愛情を知らずに育つのは、間違いなく不幸な子ども時代
・根拠のない「かもしれない」論法を止めて下さい
・変えられるのは、現在と未来の子どもたちの環境だけですわ。
・どんなに解釈を変えようとも、施設で集団暴力にさらされて育った子ども時代は存在するし、その環境で育ったことは不幸なこと

もこさん
・針で突き刺すような言葉で指摘されることも 結構 傷つきますよ。
・養護施設で育つことは、そんなに 不幸だらけなのですか?
・養護施設は、どこも 暴力ばかりなのですか?
・養護施設の職員は、悪い人の集まりなのですか?
それも一理あるかもしれませんが、そうでないことや人もいるのではないか?
最近、「無知の涙」という元死刑囚の書いた本を読みました。彼の生い立ちは不幸だったと思います。施設で育ったのではありませんが、せめて施設で暮らせていたなら こんなことにはならなかったのではないか?と思いました。

 ここで、突然、永山則夫死刑囚の著作「無知の涙」が出てきたの。
 ここであたしは、カチンと来て、養護施設「錦華学園」を出た施設出身者が女性強姦殺人事件を犯し無期懲役になった事件とその書籍「荒廃のカルテ」を紹介したの。

 そもそも、ここで、永山則夫死刑囚の話を持ち出すほど必然性もないし、このもこさんという方は、今回、挨拶もなく、突然された書き込みをしてきた方なの。

more...

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。