*All archives* |  *Admin*

≪07  2008/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-27(Wed)

「痛いだろう?」…「痛いといえよ!」

Leiちゃんの記事を読んで、一瞬フラバになったわ。
⇒知的障害者暴行少年:「痛いですか?」とインタビューすること

 突然、あたしの前に浮かんだ情景…
 
 中学生の男子が、小学生の男子の上に馬乗りになっている。
小学生はボロボロにされて、朦朧状態。
なのに、上にまたがった中学生は、「痛いといえ!」と繰り返して殴っている。
「頼むから痛いと言ってくれー」と殴っている側が悲鳴を上げているようだったの。

スポンサーサイト

more...

2008-08-25(Mon)

「私一人を見てくれる人はいなかった」という言葉

「私一人を見てくれる人の必要性に気付けない集団主義」という感覚

 Leiちゃんの記事を読んで、あたしも少し考えたの。

 美由紀さんの「私一人を見てくれる人はいなかった」という言葉は、きっと自分の子どもを育てている中で、気付いた言葉なのだと思うの。

 以前、Wolfさんの子育て話を聞いたことがあるの。Leiちゃんは、すぐに忘れるけど…
 
 「子どもを抱っこすればするほど、誰にも抱っこされなかった過去の自分が浮かび上がる。この子には、抱っこしてくれる大人(Wolfさん自身)がいる。でも、自分には誰もいなかった。
 子どもを可愛がれば可愛がる程、自分が引き裂かれていく。自分が可愛がる子どもへの嫉妬や怒りがわき出てくる。
 Wolfの子育ては、『おまえも同じ目に遭わせてやる』とこみ上げてくる怒りとの戦いだった。」

 たしか、こんな表現だったわ。
 ※Wolfさん、違っていたら指摘して下さいね。

 子どもたちのために、さまざまな活動をしているWolfさんは、時折、ポツリと漏らす。「Wolfは置き去りだ」と…

 誰もいなかった子ども時代に気付いた後、人はどう行動するのだろう…、とあたしは考える。

more...

2008-08-24(Sun)

施設育ちと里親家庭育ちは一緒?

DSC03148-2

 里親sidoさんの掲示板にこんな書込があったの。
当事者の会 投稿者:堀場 投稿日:2008/08/21(Thu) 14:43 No.5350
こんにちは、さて下記の集会名古屋で開催されます。
里親さんや里親出身の当事者の方も歓迎しています。よろしければぜひご参加下さい。
                       
        ↓

1.社会的養護の当事者推進団体 「なごやかサポートみらい」発足式
(発足式終了後に立食パーティーを予定。 会費は1人1000円)。
日時:平成20年9月21日(日)13時~16時,
場所:日福大名古屋キャンパス南館8階 
内容:①主催者挨拶、② 来賓挨拶、
 ③祝辞 茨城県高萩市長 草間吉夫氏(ビデオレター) 児童養護施設出身者、
 ④講演1 明石書店社長 石井昭男氏  「里子を育てて思う こと」,
 ⑤ 講演2 NPO法人日向ぼっこ代表 渡井さゆり氏
  「社会的養護の推進団体からNPO法人へ・今までの活動について」,
 ⑥今後の「なごやかサポートみらい」の活動について 会長 清水真一.


 それに対するsidoさんの答えは、里親と養親のおしゃべり掲示板を読んでもらうとして、あたしも施設育ちと里親家庭育ちを一緒くたにすることに不快感があるの。
 
 あの、ひなたぼっこもそうだけど、「施設も里親家庭も一緒だ」みたいなくくりは、はっきり言って、社会の現実や家庭で育つことの意味を知らない人の暴論でしかないの。
 
 家庭を知らないオール施設育ちの問題は、家庭を知っている里親家庭育ちとは別物なの。

more...

2008-08-23(Sat)

Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち その3



Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち
Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち その2
の続きよ。

子ども時代の全てを施設で育った舞ちゃんの母親美由紀さんの言葉

 私は、児童養護施設にいたことがあるのです。乳児院から児童養護施設には三歳の誕生日に行きました。生活に慣れると、布団を自分で敷くように言われました。保育園に行き、帰るとすぐに布団を敷くのです。三歳の私に、敷かないと夕飯はなしだと言いました。どうしていいのかわからなくて泣いていると、あるとき、たぶん研修生のような人が施設に来ていて、どうしたのと聞いたので、助けてお姉ちゃん、と言いました。そのときはその人が敷いてくれました。でも、よその人が来ているからって甘えるなと大きい子どもたちに言われました。昔の話で、今はそんなことはないでしょう。でも、あの光景だけは焼き付いて離れないのです。

 児童養護施設の先生たちは私のためにやってくれたのです。自立する力をつけるために。親となってみて、それがわかります。でも私は小さくて、誰にも頼れず、つらかった。悲しかった。おやつは園長先生に『おやつをください』と言わないと食べられない。私ひとりだけを見てくれる大人はいなかった。何が好きなのと聞いてもらえることなんてありませんでした。

 あたしは、見つけてもらえた舞ちゃんよりも、見つけてもらえなかった由紀子さんが気になって仕方ない。

more...

2008-08-22(Fri)

Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち その2



Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち からの続きよ。

  「妹が死んじゃう」と9歳の男の子が6歳の女の子を叔母の家に連れてきた所から第二話は始まっているの。
舞は、生まれてから6歳になるまで、一度も外に出たことがなかった。母親が決めた部屋や押し入れで、ずっと暮らしてきた。足にはほとんど筋肉がついておらず、長く歩くことはできない。


 舞ちゃんの入院した「あすなろ学園」は、27人の子どもを16人の保母で世話をする児童精神科の小児病棟。そこで、舞ちゃんは、遅れた発達を少しずつ取り戻していくの。
 母親との面接の中で、少しずつ母親の過去が現れてくる。母親の美由紀さんは、0歳からおそらく18歳まで乳児院・養護施設で育っているの。美由紀さんは18歳の父親と16歳(高校生)の母親の間に生まれ、生後すぐに乳児院に入ったの。
 そして、子ども時代の全てを施設で育ち、たった1人で天涯孤独のまま社会で生きていくの。

more...

2008-08-21(Thu)

Books 「愛されたい」を拒絶されるこどもたち



「愛されたい」を拒絶される子どもたち

関連記事⇒読書感想文:「愛されたい」を拒絶されるこどもたち

 まず、この本の著者は、「里親」という言葉を文中で一切使っていないの。「子どもの虐待」と「社会的養護」というテーマであるにもかかわらず、書くのは施設ばかり…

 家庭の虐待にはものすごく関心があり、虐待を受けた子どもが回復することについても、それなりに掘り下げて書いているのね。一応、他の著作「凍り付いた瞳」シリーズをマンガも含めて全部読んだ感想よ。
 乳児院や児童養護施設の虐待への新しい取り組みについて、ここまで取材をして詳しく書き、「今後目指すべき児童の社会的養護体制に関する構想検討会」にまで触れているのに、なぜか、里親のことだけがすっぽりと抜けているのね。構想検討会では里親優先と言っているのに。
ここまであからさまに無視すると、無自覚の「否認」かしら? と思えてくるの。

虐待に対する思い入れと、家庭への無自覚な拒絶。

 過去に、あたしやLeiちゃんのブログに、乱入しては撃退されてきた施設出身者たちがいた。家庭で虐待を受け、養護施設で救われたという施設途中入所者たちだった。子ども時代のすべてを施設で育つことを否定し、「親の育てられない子どもたちは里親家庭で育って欲しい」と訴えるあたし達を非難し、里親制度を否定し、「養護施設万歳」を唱える人たちだった。あのひなたぼっこも、そんなところがあるわね。

 この著者も、家庭に対するないまぜした気持ちがあるのかしら? これが、完読した感想。

 でも、これじゃあ身もふたもないから、少し書いてみるわね。

more...

2008-08-14(Thu)

ポニョの後追いのすごさ



http://www.ghibli.jp/ponyo/

 Leiちゃんと、「崖の上のポニョ」を見てきたの。

 「そーすけのうちの子になる」と叫んで、海の底の家を飛び出したポニョ。

 町を水没させてまで、そうすけの家に行くポニョ。地球を壊しかねない、社会的な問題になってしまうポニョの後追い。 

 あたしは、ここまで誰かを追っかけたことがあるのかしら…

 いえ、そもそも、誰を追っかけていいのかも判らないの。

 いま、乳児院・養護施設にいる子どもに、
 ○○のうちの子になる!
 と叫ばしてあげたい…

 生まれてきてよかった と思えるために…

 町を水没させない程度に、後追いさせてあげたい…

 人間になりたい… と、養護施設という人間扱いされない場所にいたあたしは思うの。
FC2ブックマークに追加
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。