*All archives* |  *Admin*

≪09  2008/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-19(Sun)

誰もいないことに、または誰でもいいことに適応した子どもたち

オオカミに育てられた子

Leiちゃんの記事を読んで思ったこと。

>「目の見えない人に赤い実を理解させる事は難しい」という例えを語っておられた。

 あたしは、Leiちゃんの反論のほうが理解できるの。
 子ども時代のすべてを施設で育つということは、「誰もいない」という環境に子どもが適応するということ。
スポンサーサイト

more...

2008-10-09(Thu)

「ありがとう、オカン」を見て…

 ビデオに録画したのを、いま見終わったの。

 一言で言うなら、里親家庭を解散する話。

 里親を辞め、途中まで育てた子ども3人は、別の里親の家に行く。「3人一緒に行けたから良かった」とは思えない。ある施設職員ブログでは、里親を辞める話に妙に嬉しそうに書いている印象があって、不快だったわ。

 工場を売却する最後の日、別の里親家庭に行った子どもが3人挨拶にくる。その里親さんの顔が見えない。その里親さんは、自分の所に来た子どもが、しょっちゅう前の里親さんの家に行っていたら、心穏やかにいられるのかしら…

 元里子が親になったとき、あんまり苦悩が無いような印象があった。Edwardブログの「養護施設で育った君へ伝えたいこと」に、こんな一文がある。
 
 子どもを可愛がれば可愛がるほど、子ども時代に可愛がられなかった自分の過去が浮き彫りにされ、自分の子どもへの嫉妬や怒りが生じました。愛されたことがないのに、子どもを愛さなければならない。


 あたしは、子どもを産めないし、もし産むとしたら、この感情を乗り越える自信もないの。でも、「捨てられた子どもが親になる苦悩」は、もっと丁寧に書いて欲しいと思うの。
 
 いろんな点で、作り込みが甘いドラマだという気がするの。里親と子どもたちを題材にすれば、なんでもお涙ちょうだいドラマになるというものではないの。あたし、まったく泣けなかった。
2008-10-06(Mon)

TV里親番組「ありがとう、オカン」



⇒フジテレビ系列 10月7日(火)21時~「ありがとう、オカン」
2008-10-05(Sun)

(案)「子ども時代のすべてを施設で育つ子ども」をなくすための里親意見書

それと共に本日、静岡で開催される第54回全国里親会の開催に合わせて、新HPを立ち上げました。 
⇒ 親が育てられない子ども達に家庭を!里親連絡会

 2008年10月5日・全国里親大会(静岡)での里親意見書の呼びかけ

 


⇒ (案)「子ども時代のすべてを施設で育つ子ども」をなくすための里親意見書

 ④家庭のイメージや人生のライフイメージがない長期入所児童

 子ども時代の全てを施設で育った人にとっては、結婚生活が初めての家庭生活です。施設を出た後の人生は、働き、結婚し、地域社会での付き合いの中で生活し、子どもを育て、年老いていきます。しかし、トータル・ライフイメージが無いため、施設を出た後の人生イメージが空白であり、人生設計を作ることが出来ません。

 人は、無自覚であるならば、育てられたように子どもを育てます。虐待家庭で育った方の、虐待の連鎖のリスクと同じように、施設養育の連鎖のリスクも高いといえます。 児童養護施設は交代勤務職場であり、職員1人で20人ほどの子どもを見ています。職員一人が5、6人の子どもを担当する担当制を導入している施設もありますが、担当だからといって、担当の子だけを見るわけにはいきません。担当する期間も短くて1年、長くても数年で変わり、継続的な人間関係を作ることはできません。

 また、在籍児童の平均在所年数は4.4年であり、子ども同士の安定し継続した人間関係も望むべくもありません。この細切れの人間関係が染みつくと、施設を出た後の継続した人間関係が困難になります。職員配置基準が1対6と少ないため、職員は、どの子にも平等に関わりを持つ必要があり、子どもと広く浅く関わります。この希薄な人間関係を学習した子どもは、結婚生活や、生まれた子どもとの濃厚な関係が煩わしくなり、施設での部屋替えや担当替えを行うように、簡単に家庭をリセットしようとします。

 家庭生活は、多くても5、6人であり、単純で濃厚な人間関係を作ることができます。しかし、児童養護施設では、児童数60人の平均的施設でも、児童60人、職員10人の複雑な人間関係があります。その人間関係の組み合わせは、単純計算でも70の階乗となり、子どもには複雑すぎるものです。

⑤長期入所児童には、「家庭生活体験事業」ではなく、家庭が必要です

 家庭を知らずに社会に出る長期施設入所児童の問題に対し、週末里親や季節里親などのボランティア家庭で家庭を体験させる「家庭生活体験事業」を行う施設もありますが、長期入所児童に必要なのは、「家庭生活体験」ではなく、「家庭生活」そのものなのです。「家庭生活体験事業」で長期施設入所児童の問題解決をはかるのではなく、子どもの権利条約第20条で定める「代替家庭で育つ権利」に基づき、長期入所になりそうな児童を優先して、里親家庭へ委託する施策を構築することが必要です。



 今日は静岡で第54回全国里親大会があるのですが、その開催に合わせて新しいHPが開設されました。当日会場で配布するチラシも、里親さんの意見書として案をまとめたものだという事でご案内します。そのチラシの引用文を一部ご紹介します。例により、全文はHP先でお読みくださればうれしいです。【by Lei】
 

theme : 親が育てない子を里親家庭へ
genre : 福祉・ボランティア

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。