*All archives* |  *Admin*

≪04  2017/05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  06≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-24(Sun)

自分の過去を記憶するために…

クリックするとスライドショーが始まりますわ
※画像をクリックするとスライドショーが始まりますわ。やめたいときは、ウィンドウを閉じてくださいね。


 過去の記憶がないあたしは、カメラで記憶を保持することを覚えた。

 いままでは、行った場所すら覚えていないから、どこかに旅行するとデジャブ(既視感)におそわれていたの。

 この景色、この風景、どこか見たことがある…
SANY0812

 箱根なんて、職場旅行で何度もいったはずなのに、全然覚えていない…

SANY0773

 いつも行くたびに新鮮でいい、と彼はいうけど、見たことのある気がする景色を見るのと、見たことのない景色を驚きを持って見るのとでは、楽しみも違うと思うの。

SANY0804

 過去に向かおうと思うあたしは、過去をあたしに定着させるための練習をしている。デジカメというツールを手に入れたあたしは、あたしが生きてきた過去を記録し、あたしの過去として残そうとしている。

SANY0785

 だけど、悲しいことに、人が写っていない。まるで、過去のあたしのように、あたしの撮る写真には、人が写らない。

SANY0833

 あたしの写真に人が写るのは、いつのことかしら…

 Leiちゃんも、あたしのカメラに写ってくれないし…

SANY0751

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment


 消したのばれたか。何となくね、そーっとやってしまった。何でだろう、意味不明な行動を取ってごめん。大好きだよMaria。

 わたしである必要はないと思う癖、まだ残留しているね。この考えがいろいろややこしい事態を引き起こす。だから、側にいる事を堂々と主張しなくちゃね。

 でも、慣れないなあ~~。

Leiちゃん、

コメント消したわね。
だめよ、あたしたちは愛着を作っていかなければならないの。誰かがあたしに話しかけたら、スーと身を引くのは止めようね。

あたしのソウルシスターはあなただけなのだから。

何ででしょうね。
きついとは思わないし。

はっきり気持ちを書いてくれるからかな。

なんにせよ、里親になりたい!夢を実現できたのはMariaさんと、レイさんがいたからだし。

好きか嫌いか?の二択だったら、かなり好きだよ。

なんでかは、私にもわからない。(私の動物的な感かな)
レイさんとの会話は、楽しそうでいいなぁ・・・って最近読んでいます。

私は大人になってからの「愛着もあり」って思っているし、信じているひとりだから。

kasumiさん、

あなたも不思議な人ね。
こんなきつい無愛着女のなにが良くて、ずっといるのかしら?

しいちゃんさん、

ごめんなさい。
あたしは、優しくされることが苦手。
同情されることも嫌い。
体がボロボロになっても、心だけは気高くありたいと生きてきたの。

強くあらねばと生きてきた身にとっては、人の優しさすら心を弱らせる敵となる。
いえ、優しさと優越感は表裏一体と感じさせる人をたくさん見てきたの。

親がいないと知れば、「お父さんになってあげる」と言い寄るオトコたち。
オンナたちは、「誰の子かわからないふしだらな子」だと、見も知らぬ親の罪科を被せて眉をひそめる。

強くなければ生けていけないのが施設育ちなの。
そして、強さとは、優しさを排除することでしか作ることができないのも施設育ちなの。

強さと優しさを併せ持つには、優しさを知らなすぎるのが施設育ち。

たぶん、きつすぎるコメントだと思うけど、あたしも加減を知らないのだと思うの。
これでも、完膚なきまでに追い詰める癖は修正したのよ。

こんな女でごめんなさい。

Mariaさん。
いつかあなたに逢いたい、話をしたい。
そう思っている私です。

あなたが忘れても、私があなたを忘れない。
(気持ち悪いかもしれないねぇ・・。)

奇跡がおこって欲しい。
あなたが生きてきた事、私は忘れない。
いつもありがとう。

ありがとうございました。

Mariaさん、レイさん。こんにちわ。
正直、無視されると思っていたので、
コメントして下さり、ありがとうございました。
嬉しかったです。
いろいろな意見ありがとうございました。

私は、まだまだ認識不足で、皆様の心を傷つけたのでしたら、
誠にすみません。申し訳けありませんでした。
コメントから、様々な事を考えさて貰ってます。
そうなか?と疑問に思うこともありますが、(決して否定ではありません)
無闇にコメントすると、あー言えばこー言うになってしまいそうです。
これで、遠慮しようと思います。
顔が見えないので、取り方によっては真意が伝わらないので、
とても難しいです。
一時の思いつきで、コメントした訳ではありません。

私の母と父は、幼い頃に片親を亡くしており、苦労しております。
また、夫の母は、保母の資格を持っており10年以上施設で
働いています。私自身子供が大好きで、教員の免許を
持っており、短い間でしたが子供と接することの大変さを
学びました。学生時代も、友達と老人ホームでボランティアをして大変でした。

ですから、
>ある種の思いこみは整理した方がいいと思います。
というのは、本当だと思いますし、
簡単には行かないと思います。
ですから、今迄やってきたボランティアや、関心をこれからも
持ち続けたいと思っています。(本当は、思い上がりかもしれませんね)

あと、"のろまな亀ってだれのこと"とは、
Mariaさんを指した訳ではありません。
気分を害されたようなら、ごめんなさい。
以前、このブログでもご紹介された本の中に、
「かんばらずにのんびりと」とあり、その気持ちを表しただけです。
ちょっと表現が悪かったですかね。すみません。
気分を害される方もいらっしゃいますよね。
でも私自身、この本の中の言葉は、とても好きです。

>何がマイナス志向(思考?)なのかわかりませんが
昔、他人にマイナス志向と言われ、
Mariaさんと同じように返した記憶があります。
これへのコメントは、すごく、すごく難しいです。
場合によっては、”否定してる”としか捉えられかねないので、
ご遠慮させて頂きます。ごめんなさい。私が言える立場では
ありませんね。
責めたり、否定してる訳ではないので、
それだけはご理解ください。

>子どもをかわいがればかわいがる程、たった一人の大人からかわいがられなかった自分の過去が浮かび

上がります。
>家庭を作り穏やかな暖かい生活をすれば、家庭で育たなかった過去を受け入れがたくなります。矛盾す

る感情、感覚を抱えているのが、オール施設育ちだと思っています。
本当に、本当に、本当に、返す言葉がありません。
子供を持つ親として、私は、無一文になろうと、子供を手放す気は全くないので、
Mariaさんのご両親の行動が全くご理解できません。
子供がいるから、生きてられるのに。。返す言葉がありません。
お心内をお話して下さって、ありがとうございます。

最後に、顔を知らないのにうざい!と思われるかも
知れませんが、Mariaさんは、以前、友達から"キカイダー"と言われたと
書かれてましたが、"キカイダー"の振りをしてるだけで、
感受性が人一倍強く、素敵な写真や文章を書かれる方だなぁと
思っています。それを受け止めてくださる大人がいなかっただけで。
(精神分析してる訳ではないので、本当に誤解しないでください。
素直にすばらしいと感じただけですから。)
本当にお節介ですが、過去を受け入れなくてもいいから、それでも、
やっぱり幸せになって頂きたいです。

Mariaさんは、半分、怒りが入ってのコメントかもしれませんが、
なぜだが分かりませんが、私は、Mariaさんの文章や写真が
とても素敵で結構好きです。
こんな人間もいたと、記憶の片隅にでも置いておいて下されば、
結構です。ブログは、読み続けさせて頂きます。
私へのコメント、本当に嬉しかったです。

 しいちゃんさん、Mariaと共に発信しているレイと申します。はじめまして。Mariaが返事をしているのでわたしの返事はこれ一回だけにさせていただきますね。

>実の子は、あなたを決して裏切りません。そして、

 実の子でも親を(裏切る?)事で生きてゆかなければならない場合があるのです。

 わたしは施設へ預けると称して施設へ捨てた生物学的親の扶養義務を拒否しました。世間からのバッシングは大変なものでしたが、捨てられた者として当然の帰結でした。

 けして捨てない親を持った事がないわたしとしては、血縁だからと何でも幻想を持つ事はできません。もちろんわたしに子どもが生まれたら、わたしは子どもを捨てないように努力しなければいけない。でもそれは血縁だからというわけじゃ、けしてありません。

  施設全部育ちは時として親を捨てる必要があると思っています。家庭の方には最も理解できない部分かもしれませんが、理解できない方は仕方ないと思っています。
 
 


Leiちゃん、

 固定した関係を作るには、相手の顔を覚える必要があるのよ。
 あたしのデジカメが魂を奪うのなら、わたしに、あなたの魂を奪わせなさいね。あなたの魂、大切にあたしの心にしまっておくから。

 いつか、誰かが現れる…

 なんて思っていてはダメよ。あなたの目の前に、いま、あたしがいるんだからね。


しいちゃんさん、こんにちは。

 善意にあふれたコメントなのか、ほめ殺し的コメントなのか、ちょっと判断に迷います。

 悪意はないと思いますけど、悪意がなければ何を言ってもいいとは思いませんわ。

 あたしは、「神様が見ている」とか「きっと、いつか…」という言葉は、好きではありません。努力し続ける人が、その努力の結果として、いつか成就するというのは理解できますけど、赤の他人の無責任な保証は、慰めにはならないと思いますの。

 施設で子ども時代のすべてを過ごしてきた子は、「まじめにがんばっていれば、きっといつか親が迎えに来てくれる」という職員の言葉に縛られ、生きています。

 でも、まじめでなくても、それこそ施設で荒れる子であっても、親が迎えに来る子が少なくありません。逆に、施設で問題を起こし、施設がお手上げになった子の方が、親が出てきたような気がします。
 施設でまじめに生き、問題を起こさない子は、誰にも気にかけてもらえないという現実があります。そして、結果として、誰も迎えに来なくて、施設を一人出て行きます。

 子ども時代に待ち続け、社会に出てからも待ち続ける、それこそ一生待ち続ける人生は、どんな人生なのでしょうか。
 「いつか…、誰かが…」
 「神様が見ている…」
 この言葉は、施設時代に家庭育ちの職員にいわれ続けていた気がします。

 もう一つ、
 何がマイナス志向(思考?)なのかわかりませんが、施設で育つことの問題をあげることがそうであるならば、ちょっと違うかなと思います。

 「親が育てずに、施設で子ども時代のすべてを生きる」ことをプラスに考えると、子どもを施設に入れることを肯定しなければ、自己否定になります。

 子どもをかわいがればかわいがる程、たった一人の大人からかわいがられなかった自分の過去が浮かび上がります。
 家庭を作り穏やかな暖かい生活をすれば、家庭で育たなかった過去を受け入れがたくなります。矛盾する感情、感覚を抱えているのが、オール施設育ちだと思っています。

 親が育てないというハンディキャップを、里親・養親を与えることでゼロにして欲しい。
 家庭生活や地域社会を知らないというハンディキャップを、里親家庭で育つことでゼロにしてほしい。その思いだけで語っています。

 「実の子どもは親を裏切らない」という言葉も、子どもを裏切った親を切り捨て、一人で生きてきたあたしにとっては、どこか突き刺さる言葉です。
 子どもを裏切らない努力をする親になるのはわかりますが…

 いずれにせよ、つっこみどころ満載で、どう返事していいのか迷います。

 里親になりたいという気持ちは大変嬉しいと思っていますが、大人に裏切られ続けた子どもを育てるのであれば、ある種の思いこみは整理した方がいいと思います。

素敵な写真です。

はじめまして、Mariaさん。
時々、拝見してます。
考えさせられ、勉強させて貰っています。
我が家に、9ヶ月になる女児がおり、
子供の成長を見ているうちに、児童福祉について、
関心を持ち初め、書籍を読んだり、
ネットから情報を集めるようになりました。
そこには、自分の想像を遥かに超える状況があり、
非常にショックを受けました。
一児の母とは言え、昼間は仕事をしており、
社会に出ている者として、どうやら、話題に上げる事はタブーのようで、
そのため、古い体質が残っているように感じました。
保育園に子供を向かえに行くと、多くの子供が
親の迎えを楽しみに待っているのが、
伝わってきます。施設の子は、迎えに来る親が
居ないと思うと、やり切れない気持ちがこみ上げ、不憫でなりません。
私は、子供が成長した後、里親をやりたいと考えてます。
今は、実の子が小さいため夫が消極的なので、
出来ることから初め、ずっと関心を持ち続けるつもりです。
幸いなことに、今も昔も、子供を大切にする方達に
囲まれて過ごしているので、本当に心が痛みました。
小さな子供に何ができるっていうのでしょうか?
子供に酷い仕打ちをした親は、数十年後、
必ず自分に帰ってくることでしょう。私は、どんな事であれ、
やった事はすべて自分に帰ってくると強く信じています。
神様は必ず見ていると。。
そしてMariaさんへ。あなたすばらしい感性の持ち主ではないかと
感じてます。時々、マイナス志向かな?と感じる文章があり、
ちょっと残念ですが、プラスに考えられるようになれば、
さらにあなたの良さが出るのではないかと思っています。
施設育ちの方は、精神発達が遅いと言われますが、
人生80年です。いいじゃないですが、のろまな亀だったて。
(表現が悪くてすみません。私もかなりマイペースな人間なもので。)
神様は絶対、堅実に生きている人を見ており、
愛着障害を直して下さるきっかけを必ず、
与えてくれると、心から信じてます。というか信じたいです。
のろまな亀は幸せを掴むものです。
いつか、良き伴侶を見つけ、
子供を授かってみてはどうでしょう?
実の子は、あなたを決して裏切りません。そして、
あなたの心に火を灯し、無償の笑顔を見せてくれ、
過去の悲しみを和らげてくれるでしょう。
あなたが経験出来なかった事を、子供と一緒に体験してみては
如何でしょう。素敵な写真を取れるのですから、
きっと、「ねぇ~写真撮って」「一緒に写ろうよ」と
子供にせがまれるかもしれません。
子供を被写体に、時には一緒に、写真に写ってみては如何でしょう。
血を分けた子が、あなたを導いてくれることでしょう。

家庭育ちでも、駄目な人はいるし、
一人寂しくご臨終する人もいます。Mariaさんのような方こそ、
幸せになってください。陰ながら応援してます。
乱筆ではありますが、思い切ってコメントさせて貰いました。

 ん・・・・Mariaにそう言われるとね。

>Leiちゃんも、あたしのカメラに写ってくれないし…

 写真は魂を奪うでしょ

 なんちゃって。でもMariaとの思い出を作るのを努力するかな・・・。

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。