*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-25(Wed)

Aliceさん、人と比較しても回復できないのよ

画像をクリックするとスライドショーが始まりますわ。
※画像をクリックするとスライドショーが始まりますわ。

 Aliceさん、あなたは、子ども時代のすべての記憶があるのかしら?
 あなたに性的なことをした相手は、どんなセリフを吐きながらしたのかしら? やられるってことは、やり方を学ぶってことでもあるの。
 虐待を受けるということは、虐待の仕方を学習するという側面もあるのよ。

 あなたは、小さい子を殴ったり、性的なことをしなかったのかしら?

 あたしは、これまでのあなたの性格から、あなたは、小さい子への暴力・性暴力があったのではないかと疑っているのよ。
 あなたは、自分の被害だけを語る。だけど、Leiちゃんへの性格のゆがんだ攻撃性は、大人になって出来たものではないの。あなたが語らない子ども時代から、あなたの性格は作られてきたの。

 虐待を受けようが受けまいが、性格の悪い奴は悪いのよ。
虐待を受けたことを暴力の口実にしないでほしい

 あたしは、あなたは加害者にもなったと思っている。今の、Leiちゃんへの攻撃性からすると、かなり暴力的だったと思っている。弱い相手、逆らわない相手には、とことん暴力性を発揮するのが、あなただから。肉体的にも、ひょっとしたら性的にも。

弱い相手、抵抗しない相手に向かうのが暴力・性暴力なのよ。

 あたしもLeiちゃんも、自分の暴力性と向き合ってきた。Wolfさん、Edwardさんも。だから、胸を張って、施設の子どもたちを虐待する大人たちと戦える。

 そして、小さい子へ暴力・性暴力を振るいたくなる気持ちも分かっている。その気持ちと戦って、暴力を振るわずに来たから。だから、子どもを殴るかつての被虐待児の気持ちも、子どもを性的に扱うペドフィルの気持ちも分かるの。

気持ちが分かることと、実際にすることは、とっても大きな違いなの。やってしまったら、やらない前には戻れないの。やった側になるの。

 ただね、あたしたちは、理由をつけてやる気持ちは分かるけど、やった後、それを正当化する気持ちは分からない。あたしたちは踏みとどまって、やらなかったから、やった人たちの気持ちは分からない。
 
 やりかねない気持ちは分かるけど、やった気持ちは分からないということ。

小さい子を虐待しなかった人だけが語っているのが施設内虐待の根の深さなの
 
 施設で育った人はたくさんいるけど、施設の虐待を訴えたのは、本当に少ないの。
 
 聖書の話だけど、姦淫した女の人が捕まって石打たれたとき、キリストはこういったの。
 「あなた達の中で、罪を犯したことのないものだけが、石を投げなさい」と。そして、一人去り、二人去り、誰もいなくなった。

罪を犯したものはいないけど、罪を罪として認めた人はたくさんいる

 養護施設の虐待や暴力・性暴力の問題を語るとき、後ろめたさのない人しか語れないのが現実なの。
 あたしもLeiちゃんも、WolfさんもEdwardさんも、小さい子への暴力・性暴力はしたことがないの。だから、後ろめたさもなく戦うことが出来るの。

小さい子どもを虐待した施設の子たちに語って欲しい。
 
 でもね、本当は、小さい子への暴力・性暴力をふるった子にも語って欲しいの。踏みとどまれなかったすさまじい怒り、虚無感、自暴自棄感、子どもがより小さい子どもを虐待する養護施設の現実は、やった子でなければ語れない。
 被害者が加害者に短いサイクルで変わっていく、養護施設の地獄絵図を語れるのは、やった子だけなの。
 
 あたしたちは、やられたけど、やらずにがんばった気持ちしか表現できない。ある意味で、きれい事を生きてきた。


 
 Aliceさん、Leiちゃんに絡み続けるのなら、あたしたちは、あなたとお別れする。Leiちゃんは、あなたの過去が見えるというから、あなたと話したい気持ちもあるみたい。
 
 だけどね、あなたの人と比較して絡むクセを直さなければ、あたしたちは一緒に話し合うことは出来ないの。Wolfさんも同じ意見だった。Leiちゃんは、まだ、あなたを回復させたいと希望を持っているけど、今回のことで、あなたから気持ちが離れてきた。


 
 人と比較しても、回復は出来ないの。自分の心と向き合い、自分の身におきた事実を受け止め、その時の気持ちを受け止め、泣けるものなら泣く、泣けなくても語る。それがなければ、回復なんて出来ない。
 回復とは、人に頼らずに自分の心に向き合うことなの。人と比較するところには、回復はないのよ。
 
 これで判らなければ、さよならするわ。



Aliceさん、あなたの回復は、あたしたちの課題ではないの。あなたの課題なのよ。

 被害者から加害者になった人は、被虐の体験を整理したら、加虐の整理も突きつけられる。自分の加虐と向き合いたくない人は、いつまでも被虐を語り続け、回復しようとしない。被虐を語るうちは、同情はされても、非難はされない。

 被虐だけの人は、整理したら次のステップにいける。子どもたちを守り、よりよい環境を求める戦いを始めることが出来る。

 だけど、被虐と加虐を併せ持つ人は、そもそも回復する気がないの。

あなたはどこへ行きたいの?

※Aliceさんの記事へトラバしようと思ったけど、問題の記事が消されていたの。だからLeiちゃんだけにトラバするわ。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

 わたしは、わたしが今まで出会った多くの人は「きれい事」への誤解があると思っていた。

 何も知らずに生きてきたからきれい事だと誤解している。何も知らずに生きてきた子は無垢なのであって、きれい事とは違うと思う。

 わたしはきれい事を目指して生きてきた。無垢ではないと感じるけれど、歯の浮くようなきれい事をあえて目指した。

 それは目標を掲げるという事だと思う。
 
 わたしは目指すものを持たずに生きる事は難しいと思っていた。

 無垢じゃないからといって純粋じゃないからといって、穢れちまったからといって、

 無垢な子を穢してもいい理由にはならないと思った。

 こんなごちゃごちゃな人生を送る人間は自分だけで終わりにしたい。

 そう思った時に、虐待の連鎖という鎖をペンチでぶった切る事ができるんだと思う。
 
 Maria,ありがとう。
 
 彼女とは最後のチャンスだと思う。

 
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。