*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-30(Mon)

より不幸(と思われる)な人に怒りを向ける侵入者たち

花火の写真は整理中なので、ちょっと待ってくださいね。とりあえずのアップです

 あたしやLeiちゃんは、5年くらい、ネットで発信してきた。ブログに移行する前の掲示板の時代から、そしてブログを立ち上げてからも、たくさんの侵入者が現れ、好き勝手なことをいって、撃退されていった。

 たくさんの侵入者が現れ、暴言を吐き、そして消えていったの。
 
 キーワードだけでも、「不幸を売り物にしている」「悲劇のヒロイン」「不幸自慢」「施設に救われた」「貧乏なのは施設育ちだけではない」「施設や職員への感謝がない」などなど、数え切れない。
 
 さらに、わざわざ、あたしたちのブログ(特にLeiちゃんのブログ)に押しかけ、好き勝手を言って、消える。あたしたちは、家庭虐待のブログにいって、「虐待は家庭だけではない」なんて乱入したことはない。
 いつも、相手が一方的にくるだけ。なぜ?
SANY2969

 星の数程あるブログで、家庭虐待の悲惨さを訴えているブログはたくさんあるの。
 なのに、なぜ、数える程しかない施設育ちのブログに、よりに寄って、Leiちゃんやあたしのブログに来るの?
 施設育ちに「家庭で育つ方が大変だ」と御託を垂れることが大切なことなの? 
 施設より家庭の方が不幸だというために、どうしてそんなにエネルギーを使うの?
 …と、不思議だったわ。
 
 あたしは、この類は、「判って欲しい」オバケ、「かまって欲しい」オバケと記事に書いたけど、「なぜそうなのか?」については、疑問だったの。

 でも、今回のLeiちゃんの分析記事で、不幸自慢したがる家庭育ちの心理が、よ~く判ったわ。
 もちろん、あたしたちに侵入せず、「施設も家庭も、虐待はお互いに大変だね」と、別カテゴリーとして侵入してこない家庭虐待の方々もいる。だから、ここで書くことは、あたしたちのブログに侵入したがる「不幸自慢」家庭育ちのことを指すの。
 
 「悪い出来事は良い対応をしてもらえる事というスリコミが幼い頃に出来た家庭育ち」という概念から、不幸自慢な侵入者たちを分析したことは、とてもすごいと思った。
 
SANY2838-2

 物理学のテーマに大統一理論があるの。引力や電磁力などの物質のいろんな相互作用を、ひとつの理論で説明しようとする壮大な理論なの。(詳しくは⇒
※訳分かんない例でごめんね、物理オタクなMariaを許してね。

 Leiちゃんの整理は、不幸自慢な侵入者やミュンヒハウゼン症候群、同代理症候群も、さらに、人の注目を浴びるための様々な症状の根底にある心理を説明する、かまわれたいシンドロームの大統一理論だと思ったの。
 それくらい、いままでの侵入者全ての心理を説明できる気がしたの。
 
 Leiちゃん、いまからでも遅くないから、大学に進学しないかしら? お金なら、あたしも少しは援助する。主婦で大学に行った人はたくさんいるし、さらに有名大学の教授になった人もいるのよ。
 
 一人でここまで論を立てるのは、もう、素人の域を超えていると思うの。養護施設という場所は、こんなにも優秀な人さえも、「ただのバカ(Leiちゃん、ごめんね)」と思い込ませてしまう、まさに栃木県の施設長のいうところの「惰民養成所」になっているんだと思った。
 
 話は戻るけど、養護施設で育つことは自慢出来ることではないの。EdwardさんやWolfさんも、地域社会では、出自をオープンにしていないの。奥さんから「施設出身であることは言わないで欲しい」と言われているの。
 自慢というのなら、オープンに出来るの。
 
 もし自慢できるとした、施設育ちという逆境を乗り越えて、功成りあげた人だけなの。
 でも、それは、施設育ちを自慢しているのではなく、施設育ちであるにもかかわらず、成功した自分の努力や運を自慢しているの。
 
 多くの施設育ちは、施設育ちであることをオープンに出来ずに、ひっそりと暮らしているのが現状なの。

SANY2761-2

 多くの侵入したがる家庭虐待の方にお願いしたいの。
 
 自分の機能不全家庭の問題から一時離れて、
 子どもがどう育つのが幸せなのか学んで欲しい。
 その上で、自分の機能不全家庭がどうあれば良かったのか整理して欲しい。
 そして、その幸せな子どもの成育環境と、養護施設はどう違うのかを考えて欲しい。
 養護施設は、「機能不全」ですらない「機能不在」だと知って欲しいの。
 それでも、施設で育つ方が幸せだというのなら、「子どもは家庭ではなく施設で育てよう」全国運動を提唱すればいいの。

 あたしからお願いしたい。
 
 不幸とは、比較するものではないの。
 比較する心が、不幸そのものなの。
 不幸を比較して幸せになれるのか考えて欲しい。
 不幸を比較する心は、
 虐待家庭か親に捨てられた養護施設かという
 究極の選択を子どもたちに迫る心なの。

 なにが子どもたちの幸せなの?

 
 自分より不幸(と思われる)な人に、怒りを燃やすのって、正常な心と言えるのかしら?

と考えて欲しいの。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

花火の写真がすごい

 写真を見ながら記事を読むとシュールさが増すの。

 いや~、なんて微細で美しい花火なんだろう。日本の花火は美しいね。

 あ、記事。勝手な解釈なので少し不安ですが、ミュンヒ代理の記事を書いていたあたりから、なんとなく、もしや、いや、まさか、もしかしたら、と感じ初めて、ああいう記事になったけど、正しいかどうかはちょっと判らない。でも感覚に従うとこのような意見になる。

 ばりばり家庭育ちの夫を観察?しているうちに、受け取った印象から、仮定を設定し、導いていったら、こうなっていったという事で・・・はい。

専門家は何やってるんでしょう・・・

冴え渡る分析の「理」が、これ以上ないほどの説得力を伴った訴えかけのヒューマンな「情」に裏打ちされていることに、いつもながら感動して読ませていただきました。おふたりを前にすれば児童問題に携わっていると称する多くの「専門家」は子どもへの真の共感を欠落させた唾棄すべき御用学者にすぎず、ほとんどの「宗教家」も推移する現実を何ひとつ見ていない過去の遺物ではないかといいたくなるほどです。

侵入者のお歴々には愛読者としても常にイライラさせられてきた訳ですが、どうでしょうこの際、タイプの分類を試みられては・・・。よくあるパターンの縦軸と横軸の組み合わせで4つの象限をつくり、チャート化してしまうのです。横軸は機能不全家庭と施設に分けられるでしょうか。縦軸は不幸自慢(内向型)とミュンヒ(外向型)?・・・

アイデア倒れになりそうで恐縮ですが、チャートができてしまえば、各タイプごとへのメッセージも予めまとめておき、「(嗚呼また<Bタイプ>が来た)→はいはい辛かったですね。あなたのような方のためにはこういう意見をまとめていますので、ご参考にどうぞ・・・」などとテキパキ対応できるのではないかと愚考する次第です。

以前よりは侵入それ自体が減って来たようにも思われますので、以上の案は不必要な戯言かも知れませんが、何かあるごとにひどい大迷惑を蒙りながらも丁寧な思いやりに満ちた対応を忘れないおふたりの模範的ホスピタリティを見るにつけ、侵入者をチャート化するくらいの機能化・効率化は導入されても許されるに違いないと思いました。

こんな意見そのものが侵入的だとお感じになったら、伏してお詫び申し上げます。これからもお元気でご活躍ください。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。