*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-20(Mon)

断片の記憶の残滓

 以前、WolfさんとKoalaさんの回復ストーリーを読んだとき、「記憶をなくす人なんているわけないじゃない。記憶喪失は、ドラマの話。または、重篤な脳気質の損傷。」だと思っていたの。
 
 Edwardさんに会ったとき、その話をしたら、逆に聞かれたの。
「幼児期からの記憶を、年齢ごとに、何があったか書けますか?」と。
 
 あたし、幼児期のことを思いだそうとしたら、モヤがかかったみたいに、判らなくなった。
 だけど、1年生からは少し覚えていて、簡単に年表にした。

 すると言われた。
「全部、学校のことばかりですね。施設での生活は書けますか?」
 びっくりした。

 「えっ、朝起きて、掃除して、マラソンして…、夜眠る。ただ、それだけの繰り返しだから、記憶するほどの事じゃないでしょ。」
 
 「何人部屋でしたか?」
 「部屋は一階ですか、二階ですか?」
 「同室の子の名前は言えますか?」
 「男女別々の寮ですか?」
 「職員の名前は覚えていますか?」
 
 いろいろ聞かれて混乱したの。

 「毎年、部屋替えはあるし、部屋も変わるし、職員も毎年変わるから、覚えてないのは当然でしょう?」と答えた。
 
 「では、学校のクラスの子や担任は覚えていますか?」
 
 それは、家庭の子でも、何人か仲のいい子はいたし、かわいがってくれる先生もいた。成績が良くて、カンニングしたといじめられていたことも覚えている。
 家庭の子たちから取り囲まれてされていじめられた事も、結構覚えている。
 
 だけど、施設の生活を思いだそうとすると、頭が痛くなったり、ボーっとしたりする。
 少しずつ、施設生活の記憶が、学校生活に比べて極端に少ないことに気づいた。
 
 Edwardさんの話は、次のとおりなの。
(忘れっぽいあたしはメモをとっていて、何度も読み返していたの。)
 
 
 記憶喪失というのは、正しい表現ではない。思い出したくないものを見ないようにする記憶の抑圧がある。記憶がそこにあるのに、ないかのように振る舞う。目の前にコップがあるのに、あたかも無いかのように行動する。
 不思議なことに、コップが見えないにもかかわらず、コップを無意識によけ、ぶつかることはない。
 ただ、記憶を抑圧しているが、その記憶が消えたわけではないので、さまざまな行動パターンや反応に現れる。

 Edwardも、同性からの性虐待を受けたが記憶を抑圧した。その後、男性と同室になると、過呼吸になったり、息が出来なくなったり、酷いときには吐いたりした。そのときは、原因が不明だったが、記憶が戻って過去を整理してから、原因が分かったので、そのような症状は減っていった。
 
 記憶を抑圧しても、人は行動で語る
 
 特に性的な逸脱行動や極端な性抑制は、根底に過去の性トラウマがあることが少なくない。記憶があろうが無かろうが、未整理のトラウマは、その人の行動に影響を及ぼし続ける。
 逆に、その人の行動パターンや考え方などから、その人のトラウマが見えるときもある。記憶が無くても、自分の行動パターンや考え方から、過去に起きたことを類推することは出来る。
 
 それが正しいかどうかは判らないが、自分の問題行動の原因が過去のトラウマにあると類推すれば、記憶になくとも、行動を修正していくことは可能だろう。

 
 メモだけど、趣旨はつかんでいると思う。
 
 この考え方を使い、自分の考え方や行動パターンを指摘してもらったの。すると複数の年上の男の人と同時に付きあうパターンやDV男と付きあうパターンに、過去の性トラウマの強迫的再現があると気付いた。
 
 そして、ひとつ記憶が戻ったの。
 
 あたしは、よく、園長室に呼ばれていた。
 園庭で遊んでいると、「こらー、Maria、こっちこい」と園長先生が怒る。あたしは、怒られる悪いことをした記憶もないから、いつも不思議な気持ちで園長室に入った。そこからは記憶がないの…

 そして、学校で、校長室に呼ばれた事があったの。作文かなにかの賞をとって、それを直々に教えてもらうためだった。あたしは、校長室に入ってドアが閉まったらと、なぜか服を脱ぎだした。あわてて止める校長先生に、「だって、園長先生はいつも…」といった。
 それからは大変だった。園長先生からは「この子は虚言癖があり、いつも、こうして大人の気を引く子なんです」と言われた。最終的には、校長先生も信じたみたい。
 だって、園長先生は、たしか、地域の有力者で、「校長なんて簡単に首を切れる」と言っていたから。
 
 その話をEdwardさんに聞いてもらい、少しずつ少しずつ整理していった。この話も、記憶が一部しか戻っていないから、書くと、嘘をついているような気がする。だから、消すかもしれない。
 
 Edwardさんは「いまの生活を大切にしながら、ゆっくりと整理しましょう。一番大切なのは、過去の記憶ではなく、いまのあなたの生活を作っていくなのだから。」と言ってくれる。
 
 この記憶の断片からイメージされるものだけでも大変なのに、あたしの中には、こんな程度ではないという気持ちもある。Leiちゃんと、6年間もブログを続けて来れたのは、もっと大きな怒りがあるからだと思う。
 
 あたしは、家庭の人の虐待話よりも、自分の過去の整理に忙しい。そして、施設だけで育つ子どもの問題がメインテーマなの。
 
 悪いけど、家庭の人の性虐待の話は、余所でやってちょうだい、と思うだけ。家庭性虐待サバイバーのブログ・サイトは、星の数程あるのだから。よりによって、数えるほどしかない施設育ちのブログに来ないでちょうだい、と思うだけ。

※この記事は、あの方のブログにもトラックバックしています。ただ、「ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません」とあるので、表示されるかどうか判りません。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

施設育ち・性虐待サバイバーへの差別的・侮蔑的発言の削除を求めます

hashigotanさん、こんにちは。以下のサイトなどを運営しているEdwardいいいます。がんばれ!養護施設出身者http://ganbare.yogo-shisetsu.info/STOP!養護施設内虐待http://gyakutai.yogo-shisetsu.info/ あなたの...
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。