*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-09(Sun)

被害を語ると、加害が突きつけられる施設育ち

 以前、Leiちゃんに絡み続けたayuさんという方がいる。
http://blogs.yahoo.co.jp/ayumindango

 ご本人は、家庭で虐待を受け、一時期、養護施設に入ったこともあるの。だけど、家庭虐待の話はしても、施設での話は一切しなかった。

 そして、彼女のご主人の阿修羅と名乗る方も、子ども時代の全てを施設で育ち、中卒で施設を出た。

 この二人が、とにかくLeiちゃんに絡みつく。さらに、阿修羅と名乗る男の妹というAliceさんまで出てきて、これまた絡みつく。
 あたし達は、阿修羅さんが始めて来たとき、過去を整理するように勧め、彼専用の掲示板を用意した。だけど、彼は、途中で書く事が出来なくなった。
 Leiちゃんが「他の施設出身者の語る児童間暴力の被虐話に傷つく施設出身者の心理」で書いたように、彼も、自身の加虐・加害の話で逃げ出したと思ったの。

 それからは、Leiちゃんに根拠の無い怒りを向け始めた。さらに、奥さんのayuさんが出てきた。

 ところが、あとで二人が離婚したと聞いた。あたしとLeiちゃんは、復縁できるようにきつい言葉を言いながらも、応援していた。そして、復縁したときは、心から喜んだ。

 だけど、それも長く続かなかった。

 さらに、子どもが二人いて、女の子は施設に入れ、男の子だけを育てていることも判った。

 Ayuさん、阿修羅さん、Aliceさん、みんな、「あ」で始まるのは悪い冗談みたいだけど、いいかげんうんざりしている。

 あたしは、Ayuさんにも、Aliceさんにも、いいたい。

ブログでやり合うのなら、

きちんと記事で勝負しなさい。


 yahooIDを持たない人や、持っていても、「お気に入りブログに登録」しなければ見ることの出来ない記事を書いて、トラバしてくるのはずるい。

 あたしは、仕方ないから、気に入らないけど「お気に入り」に登録して読ませてもらった。

 Ayuさんは、Leiちゃんの記事を引用し、その上で文句をつけている。

わたしはAliceさんが公開でブログを書く心理状態じゃない事がようやくわかってきた。わたしは被害者としての体験をほんの1つしか覚えていない。そのうえ、その後加害者になりそうな心理的な葛藤を抱えてしまう、加害者の心理について理解が進んだので関連記事を書き続けてきた。

 彼女にとってはその記事全てが刃のように感じられたのかもしれない。

 ある意味、家庭で親から虐待をされ続けた人は純粋に被害者だ。力強く被害者としての悲しみ、痛み、苦悩、発信をまっすぐな気持ちで表現していけるだろう。

 家庭で虐待を受けたkoalaさんの体験記には共有感覚を持てないとAliceさんは言った。その意見を当時読み、彼女は施設独特のものを背負っていると感じた。そのAliceさんは時々、わたしに気持ちを向けているのが感じられた。 (※Leiちゃんの記事)


 Aliceは本当は公開でも非公開でも記事を書く気はなかったと思う。
 彼女にブログを書かせてるのはあいつらじゃないの?
 SNSに招待されなかったからごちゃごちゃ言ってるんじゃねえ。

 加害者だったLeiさんが何か書くと他の施設育ちが反省しなくちゃいけないの? 
 Ayuは虐待受けたから再演というのはあるけどさ。(※Ayuさんのコメント記事)


 Aliceさんも、Ayuさんも、いいたい事があるのなら、どうどうと記事を書けばいいの。

 だけど、Aliceさんに限って言えば、SNSのお約束で「メンバーを批判した記事は書かない」「メンバーの書いた記事を批判しない」「書かれた内容は、外で公開しない」となっていた。

 だから、あたし達は、AliceさんがSNSで書いたことは表に出していない。

 でも、あまりにも暴言を吐くし、Leiちゃん攻撃が止まらないし、記事を書いては、読んだ頃に消して証拠隠しをするし、とルール破りが続いた。
 だから、SNSは解散した。あたしは、自分の整理から逃げて、ルールを破って、Leiちゃんを攻撃しつづるAliceさんは、回復する意志がないのだと思っている。

 養護施設では、全ての子どもが被害者ばかりではいられない。小さい頃にやられた子は、大きくなってから小さい子に繰り返す。
 職員に殴られた子は、憂さ晴らしで小さい子を殴る。

 殴られた自分を語ると、
 殴った自分が突きつけられる。

 性的暴力を受けた自分を語ると、
 性的暴力を振るった自分が突きつけられる。


 だから、多くの施設育ちが、自分の事を語れずに来た。施設出身者で、社会で生き延びて、インターネットを出来る人はたくさんいるはず。
 なのに、いままで語っているのは、加虐・加害をしていない施設育ちだけ。たとえば、「がんばれ!」のEdwardさんのような。
 加害をしたものは、たとえ被害を受けていたとしても、語ることが出来ない。

 あたしだって、誰かを殴ったかもしれない。小さい子を精神的に追いつめたかもしれない。だけど、記憶が全て戻っていないから、それは判らないとしかいいようがない。
 もし、小さい子への暴力行為の記憶が出てきたら、逃げずに書くつもり。それが、回復のために必要なのだから。

 自分の被害だけを語って回復しようなんていうのは甘いの

 自分のされたことも、自分のしたことも向き合う

 それなしには、回復はあり得ないのよ

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

自分なりの観点で整理してみました


 おはようございます、Maria。自分なりの観点で、過去に阿修羅さんとやりとりしていて、その都度、気になった事などを、Wolfさんが残した資料なども見ながら、再構築してみた。

 今までは少し考えてこなかった事、新しく書いた事もあるので・・・。ここへトラバもしました。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

阿修羅氏が傷ついたのは、僧侶が子ども返りした話ではないかと思う

愛着障害・無愛着関連記事 被害を語ると、加害が突きつけられる施設育ち  Mariaのところで度々出てくる阿修羅というHNの人は養護施設出身者。お寺で修行?をしていた頃に知り合った虞犯少女で、養護施設を出て実家に戻っ
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。