*All archives* |  *Admin*

≪04  2017/05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  06≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-13(Thu)

自分の言葉は自分の名前(ハンドル名)で語って欲しい

 読者Aさん、
 Leiちゃんと一緒に、二人のブログの読者AさんのコメントのIPアドレスを全て調べました。昨夜の攻撃的書き込みと同一のIPアドレスはありませんでした。
 なので、同一人物ではないと思われます。
 
 読者Aさんが元教護院職員であるのであれば、教護院時代に関わった卒園生にこのブログの話をし、教護院の卒園生が、読者Aさんのハンドル名で怒りをもって書き込んだのかしら…、とLeiちゃんと話しました。
 
 さて、ここからは、偽の「読者A」さんへのメッセージです。
 
 仮にAさんと呼ばせていただきます。
 
 Aさん、あなたが教護院に行ったことで、さまざまな差別や偏見を受けたことは、あなたのコメントから判ります。
 あたしの施設でも、「悪いことをしたら教護院送りだ」と職員からさんざん脅かされました。ただ、世間知らずなので、教護院がどんな場所かも知らず、職員の口調から「恐ろしい場所」くらいの知識しか持っていませんでした。
 そして、施設で荒れていた子が、ある日突然いなくなり、教護院に行ったとウワサが流れたこともありました。
 
 「悪いことをしたら行く場所」程度の認識しかありませんでしたので、それをもって差別になるのかは、あたしには判りません。

 あたしは、施設で、本を読んだり、勉強をしたりして、静かに暮らしたかった。だけど、途中から施設に入ってきた子たちは、おしなべて乱暴で、規律を守らず、時には職員を殴り、好き勝手にやっていました。小さい子たちは怯え、中学生達の姿を見ると泣き出す子もいました。
 
 あたしは、勝ち気な方だったので、小さい子たちをかばって注意をしました。すると、「生意気な女を黙らせるのは簡単だ。まわせばどんな女で静かになる」と胸をつかまれてニヤニヤしていました。実際、何人かの女の子がまわされたとウワサが立ちました。ウワサには小学5、6年生もいました。自殺した子も一人いました。
 古くから施設にいる男子達も、ケンカ慣れしている不良達にかなわず、複数に取り囲まれてぼこされました。そして、おとなしくなりました。
 
 職員も、不良達には気を遣い、厳しい注意もせず、あたしの施設は、不良達の天下でした。「13才までは人を殺しても罪にならない」「いまなら少年Aだ」が、不良達の口癖でした。
 
 はっきりいって、地獄でした。
 
 あたしは、「ここで死んだら無駄死にだ」と思って、耐え抜きました。体に何しようが、心までは死なない。絶対に、生きてここを出るんだと思いました。
 
 千葉県の恩寵園の本が出たときにすぐに買いました。恩寵園から教護院にいった子が、「教護院のほうが殴られずに、自分の話を聞いてもらえて、天国だった」と読んで、涙があふれ出ました。耐えずに暴れて、教護院に行けば、自分の体も守れたかもしれない…、教護院から高校にも行けたかもしれない…
 
 ても、あたしの問題は、教護院ではありません。養護施設が、教護院よりも暴力に満ちあふれた世界であり、単に親がいないだけのおとなしい子が、暴力的な環境に居続ける。親がいない罰を受け続ける。
 
 もし、あなたが自分の過去に怒りを持っているのなら、教護院への差別や偏見の怒りではなく、教護院に子どもが行ってしまう家庭環境・養育環境に怒りを向けてください。

 全ての子どもが、乳児院・養護施設・教護院(自立支援施設)に行かずにすむ世界が、あるべき世界ではないでしょうか。
 
 あなたは、あなたの戦いをすべきでしょう。それは、教護院へ入る子どもへの過剰な感情移入ではなく、教護院に入らない家庭環境を作りだす戦いです。
 
 Aさん、甘ったれたあなたに判ってもらおうとは思いません。あたし達は、あたし達の戦いを続けるだけです。邪魔をしないでください。

 今回、あなたのIPアドレスを公開しようかと考えましたが、Leiちゃんが「虐待の連鎖をしないために戦っている私たちが、報復をするのは連鎖にならないかしら…」と疑問を出したので、止めました。
 
 Aさんに最後のお願いです。
 
 他人のハンドル名を使ったことに対して、きちんと謝罪をしてください。そして、いいたいことがあるのであれば、堂々と、自分のハンドル名で書き込んで下さい。IPアドレスの書き込み禁止は解除します。

 あたしとLeiちゃんは、もう、7年間もネットで発信しています。これからも、「子どもたちを施設ではなく家庭に」「養護施設の暴力・性暴力をなくしてほしい」と、堂々と主張を続けます。
 
 あなたはあなたの戦いをしてください。子どもが幸せに育つ環境のために…

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

いいわけはどうでもいい。

読者A改め、○○と、HNを変えればいいでしょう。

私はどっちも同じ人に見える。

単純に混乱させようと進入しているように見える。
文章も、作り方が似ているように見える。

さて・・。
これから少し、頑張ってきます。夢の実現のスタートが始まります。
行って来るね。

かなり深刻な問題に思える・・・


 たしかに偽読者Aさんが読者Aさんのパスワードと同一のものを使い(解析したとして)、あのようなコメントを書き込んだとしたらFC2のパスワードの管理に関わるものですね。

 そうなると一個人の話じゃなく、このブログユーザー全部に関わる問題となるし、今までのパスワードの設定方法を変えなくちゃいけない事態でもあると思います。

 IPは地域などやプロバイダーにより似たようなものがあるとして、パスワードは任意に決めた文字列に対するものだから、それが盗まれる事態が起こったとしたら、これは通報しなくちゃいけないのかもしれません。

 ぴたり一致するパスワードなんて、そうそうあるものじゃないと思うので。それになんと言っても被害者の読者Aさんも勝手に同一パスワードを使われて不気味に感じておられるでしょうし、調査してもらった方がいいような気がします。

 非常に珍しい出来事だと思いましたし、わたしのパスワードについても心配になってきました。わたしのパスワードはいつも同じなので・・・。基本的に「信じてほしい」と言われてるので読者Aさんは何もしてないという前提の元、書いてみましたが・・・。

おもしろい、やれよ

読者Aさん、

>偽者がこれを読んだら「面白い、それならもう1つやってやろう」っていう気になるかもしれませんよ…。

おもしろい。やれよ、公務員。

あんたはな、喋りすぎるんだよ。
言い訳しすぎるんだよ。
そして、ニセ者と称する奴の気持ちを語りすぎるんだよ。
普通はな、自分の名を語られたら怒り狂うんだよ。

語るに落ちる」ってやつだ。

Wolfは、やる奴の気持ちは分からない。
だけど、やる奴はいるし、やるんだ。

ま、次やるときは、パソコンを変えてやるんだな。
生ログには、たくさんの情報が詰まっているんだ。

 そうそう、Mariaさん、FC2にパスワードの表示が解析された疑いがあると連絡した方がいいぞ。簡単に偽装されるらしいからな。
 ニセ者は、このWolfのパスワードも解析し、Wolfの名を語るかもしれない。それこそ、Leiさん、Mariaさんのコメント欄のパスワードを解析し、ブログ本体に入るかもしれない。もし、同一パスワードを使っていたらな。

 これは、FC2のブログシステムの根幹に関わるから、大問題になる。当然、警察沙汰にもなる。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/law199908.html

 だから、FC2がきちんと調査してくれるぜ。パスワードのハッキングが判ったら、警察への告発もあるだろうな。それほどの大問題だぞ。

 なに、FC2へのメール一本ですむ。あとは、プロ達が調査をしてくれる。


 読者Aさん、

偽者がこれを読んだら「面白い、それならもう1つやってやろう」っていう気になるかもしれませんよ…。
 
 一瞬、ドキッとするような感じを受けたんですけど・・・。読者Aさんが偽読者Aさんの気持ち判るはずもないんですから、ドキッとするような事を言わないでくれると助かります。

 Wolfさんは独自のルートを持ってるようなので、わたしやMariaよりも見る場所が違うのかもしれません。わたしは読者Aさんの発言を通して確認するしかありません。

 最終的にどうするかはその偽読者Aさんなのだと思います。

Wolfさんのコメントを見ると
Wolfさんには信じてもらえていないようですね。

でもLeiさんのブログにもコメントしたけど
わざわざ(ネカフェからコメントするとか)IPの偽装までして
私が他人になりすまして荒らしたのだとしたら
「読者A」という名前を使うわけがないじゃありませんか。
IP偽装のためにネカフェに行ったのなら「読者A」名でコメントするって不自然でしょう。

そりゃ、私がMariaさんやLeiさんに悪意を持ち
そういうことをやろうと企めば
IP偽装は可能かもしれませんが…。
私はお二人に悪意を持つような理由もないし
IPを偽装して名前を偽装しないなんて不自然だし。

それは確かにIPが違うだけでは完全な証拠にはなりませんが…

そうなれば、あとは私の「信用」でしょう。
みなさんが、私を信用してくれるのか。
それとも、信用できないと思うのか。

信用が崩れてしまったのなら
私はもう今後お2人のブログに現れても
みなさんの目障りになるだけです。
そうなれば、私は消えます。

だけど考えてほしいのです。
私がMariaさんやLeiさんと縁を切ろうとしたならば
ああいう挑発を捨て台詞にしてもおかしくない。
でも私は縁を切ろうとはしていない。
これからもよろしくお願いしたい相手に向かって
あんなことを言うわけがない。
縁を切るつもりのない私が
悪口雑言を言うなんておかしいと思いません?

Wolfさんのおっしゃるように
IPは場所さえ変えればすぐに偽装できる。
だからIPの違いだけでは証拠にならない…

しかし、「確証」は取れなくても
「状況証拠」を考えてほしいです…。

私が犯人だと仮定すると、

・私がなぜMariaさんたちを嫌うのか
・IPを偽装しながら名前を偽装しなかったのはなぜか
・私の今の態度でも分かるように、私は今後もお2人とおつきあいしたい。今後もおつきあいしたい相手になぜ喧嘩を売ったのか。

私が犯人だとすると、IP以外にも、そういう不自然な部分があるじゃないですか。

それでも信用できないと言うのならもう去ります。
容疑者のままで居続けるわけにはいきません。

あと、

>ま、これ以上何もなければ、Wolfもおとなしく引っ込むが…。次はないぞ。

こういうことを言わないで欲しいと思います。偽者がこれを読んだら「面白い、それならもう1つやってやろう」っていう気になるかもしれませんよ…。

 ま、事を荒立てずに納めたいLeiさんとMariaさんの気持ちも判るから、Wolfはこれ以上いわないが、偽物のIPアドレスからのアクセスが書き込みの日以外に煩雑にあったのか調べて見るがいい。

 書き込みの日以外にアクセスが無かったとしたら、別のIPだからといって証拠にはならない。荒らしは、ネカフェからするのが常識だからな。

 ま、これ以上何もなければ、Wolfもおとなしく引っ込むが…。次はないぞ。

怒り方が一番難しいですね

 わたしも最近怒り始めたばかり。だから怒りのエネルギーや方向性、本来なら誰に向けるべき怒りか時々混乱します。でもその混乱状態を、混乱していると自分自身に教えていかないと、間違ったベクトルの目標を掲げてしまいます。

 わたしは正直、今でも施設の中の大きい男の子たちが怖いです。でもそれで居ながら戦いを挑む相手として一旦ロックオンしたら、死ぬまで戦うような気持ちになります。

 ハッと我にかえり、怒りすぎた・・・と思った時にはかなりの惨状になっています。もちろん小さい子へはそんな怒り方しません。

 全てわたしは、施設のボス相手に戦っている気分です。だから、虞犯少年の話になるとカッと頭に血が上ります。

 でも、虞犯少年を差別したり偏見を持ったりという、関わった事もないのに憶測で彼らを断罪する事は事実をかなり歪曲するし飛躍しすぎるので危険だと思います。

 それが差別偏見へ至るのであるという事は重々承知しています。わたしもMariaも、養護施設で実際に彼らと共に過ごした期間を納得できない体験があるのだと思います。記憶はないのですが、この血ののぼり方は自分でもおかしいと思いますから。

 Aさん(読者Aさんとは違う人)には、Aさんの怒りがあり、それをいう機会を奪われ続けたのだと思います。だから彼の名で堂々と書いてほしかったと思います。

 わたしは差別論議じゃなく、乳幼児が暴力性のリスクの高い場所で育つ事について論じているのです。そこの記事の取り扱いはたしかに難しいですが、差別も偏見もありません。

 だからこそ、親が育てられない乳幼児は原則里親家庭へと訴えています。
  
 一応、自分の思いなど書いておきます。怒りすぎて少し疲れましたが、読者Aさんの誤解が解けてよかったです、反応が遅れた為にIPを調べるのが後手後手になって、すみませんでした。

私なりに考えてみましたが…

私は、MariaさんやLeiさんのブログのことを、教護時代の教え子の誰にも話していません。
そもそも、私の教護時代なんて相当古い話であり、当時の入所者が今どこで何をやっているかも全然把握していません。

昨夜の偽者は、私と直接関係のある人じゃなかったのではないか、と思います。

私は最初その人の文章を読んだ時、単なる嫌がらせかと思いましたが、嫌がらせにしては熱心に長文を書いています。よほど暇人なのか。いや、やはりあそこに書かれてあったことは、その人の本心ではなかったかと思います。

結局、その人が熱烈に言いたかったことは、「虞犯少年を差別するな、虞犯少年を守れ」だったと思います。その正体は、Mariaさんの予測するように教護院の入所者だった人か、そうでなかったとしても、虞犯少年ではあったように感じます。

その人は、なぜ、私の名前を使ったのでしょう?
今度のことは私にとっても他人事ではないので、私なりに考えました。
そして思い至った答えは、その人が自分の主張をする場合に、通りすがりの人などとして書くよりは、「教護院の元職員」という肩書きの私の名前に利用価値を見出したのではないか、と。
虞犯少年を擁護する主張をするにあたって、教護院元職員という名前で書けば、通りすがりよりも自分の意見が通りやすいと踏んだのかな、と思いました。

あくまでも私の想像、憶測の範囲を出ませんが…

私も最初驚愕して、次にキレそうになりました。しかし他人の名を使うということは自分に自信がないのでしょう。ネット上でルール違反をしてかみついてきて、ストレスの発散をしてるのだろうか。そう考えてみたら、今は怒りも落ち着きました。

私としてはもう、誤解が解ければそれでいい。

それにしてもMariaさん、Leiさん、私の全てのコメントのIPアドレスと照合してくださったんですか。お手数をかけました。そして、どうもありがとうございました。

そして、偽者さんへ-------------------------

あなたにはあなたの考えがあるでしょう。あなた自身の苦しみ、怒り、主張があるでしょう。
それを表現することが悪いと言うわけではありません。

ただ、他人への攻撃は控えなければいけません。
攻撃された人が傷つくのはもちろん、あなた自身の
主張も、「ただの鬱憤晴らしの荒らしか」という目で見られ、
かえって主張内容が共感を得にくくなってしまいます。
あなた自身の主張のうえでもマイナス効果しか生みません。

もうひとつ、他人の名前を利用すること。
これもやめてほしい。はっきり言って私は大変迷惑しました。
ハンドルネームというのは本名ではありません。何でも好きな名前を付けられます。私が使っている名前も、「読者A」という、まったくテキトーにつけたいい加減な名前です。どんな名前でもいい。好きな漢字を組み合わせて作ろうと、好きな漫画のキャラクターの名前を使おうと、それこそ私みたいに全く意味のない、真面目に考えたとも思えない名前でもいい。
自分の名前を考えて、コメントしてください。
所詮はネット上の名前。そこからあなたの本名や個人情報がバレるものではないのだから。

Mariaさんがコメ禁を解除したそうです。
あなたがもし、再びこのブログを見ていれば、コメントしてください。主張内容を曲げろとは言いません。ただ、ルール違反については、素直に反省してほしいと思っています。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。