*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-29(Sat)

養護施設「普恵園」が解散するの?

2007年9月26日 下野新聞

 宇都宮市で児童養護施設「普恵園」を運営する社会福祉法人よしみ会(内藤良純理事長)が、資金難などを理由に来年三月いっぱいで解散する方針を固め、県と協議に入ったことが二十五日分かった。解散すれば施設運営ができなくなるため、県は入所している約六十人の子どもの処遇や受け皿について関係機関と調整を始めた。同園は県内十カ所の児童養護施設の中でも最大規模。運営法人の解散は児童福祉行政にも影響を与えそうだ。
 複数の関係者によると、今月八日の理事会で「来年三月で(法人を)解散し、施設を閉鎖したい」との方針が全会一致で決定された。理事会には入院中の内藤理事長を除いて、ほかの五人の理事が出席した。
 理事長の職務代理を務める理事、磯淳昭・県児童養護施設等連絡協議会長によると、資金難で老朽化した施設の維持費確保が困難なことや、内藤理事長の健康状態が理由。理事会議決による社会福祉法人の解散には所管する宇都宮市の許可が必要だが、同市によると、市には解散の届け出や事前協議の申し出がまだないという。
 施設の廃止には県の承認も受けなければならない。県こども政策課は「正式な施設の廃止届は出されていないが、法人から相談は受けている」とした上で、「子どもの生活がどうなるのか確認できるまで(廃止の)承認はしない」としている。現在、別法人の運営による施設の存続や、別の施設での受け入れなどを視野に「子どもたちにとって最善の可能性を探っている」という。
 児童養護施設は保護者の養育を受けられない十八歳以下の子どもを受け入れている。県内には十カ所あり、九月一日現在で四百七十二人が入所している。普恵園は定員百五十人と最大規模で、現在は六十三人が入所している。

 児童養護施設「普恵園」を運営する社会福祉法人よしみ会が本年度末で解散する方針を固めた背景には、資金難に加え、経営側と職員の対立など内部の混乱を指摘する声がある。ただ突然の方針決定に「無責任」との批判の声が関係者から出ている。
 普恵園は昨年十二月、体罰など不適切な処遇を行ったとして県から指導を受けた。そこで二月にはケアマニュアル作成など改善の方針を示したばかりだった。しかし関係者によると、最近は職員の出入りも激しく、経営側と一部職員との対立も続いていた。
 内藤理事長は一九九九年、それまで普恵園を運営していた法人を引き継ぐ形で理事長に就任。その三カ月後には職員の労働組合が結成されたが、子どもの処遇などをめぐって労使のぎくしゃくした関係が目立ち、職員が不当解雇と訴えた民事訴訟は現在も続いている。
 今回の唐突ともみえる解散決定について、県内の関係者の見方は厳しい。子どもの処遇がま だ決まっていないからだ。
 「子どもの意思、利益を尊重すべきだ。福祉をやる人間として許し難い」。県内の児童養護施設関係者は憤りを隠さない。「子どものため(経営の)受け皿を探すべきだ。公募してみるのもいいのではないか」
 茨城県つくば市にある児童養護施設は二〇〇二年、職員による体罰問題を機に旧経営陣が総退陣し、新理事会が運営を継続している。同施設の黒田邦夫施設長は「現在の入所児の存在はもちろん、虐待などにより児童養護施設の社会的ニーズもある。新たにきちんと運営できる経営陣が現れることを期待したい」と話している。
 栃木県の養護施設「普恵園」が閉鎖するというのね。

→養護施設「普恵園」の過去の新聞記事

→社会福祉法人よしみ会
 HPをみると、普恵園が出てこないけど、知的障害者更生施設「真純乃園」と、デイサービスセンター「おおや」も運営している。こちらも、閉鎖するという事かしら?
 知的障害者更生施設「真純乃園」は、定員30名の、義務教育終了年齢(15歳以上)の知的障害の方の入所施設なのね。
 デイサービスセンター「おおや」は、一日の利用定員は15名で、身体・知的障害の方の通所施設なの。
 これも閉鎖するとなると、影響はとても大きいと思う。
 
 普恵園や真純乃園、おおやの、建物の建設や補修、土地の取得にも、税金の補助が入っていると思うのよ。だから、法人が解散して、土地や建物が県や国の財産になるのなら判りますが…
 でも、理事会で解散を決議し、土地や建物をどこかの法人にゆずるのではないかと思う。そして、その法人で、売却し、その利益を誰かに還元していくと思うの。
 
 社会福祉法によると、
社会福祉法
第四節 解散及び合併

(解散事由)
第四十六条
 社会福祉法人は、次の事由によつて解散する。
  一 理事の三分の二以上の同意及び定款でさらに評議員会の
    議決を要するものと定められている場合には、その議決
  二  定款に定めた解散事由の発生
  三  目的たる事業の成功の不能
  四  合併
  五  破産手続開始の決定
  六  所轄庁の解散命令
2  前項第一号又は第三号に掲げる事由による解散は、所轄庁の認可又は認定がなければ、その効力を生じない。
3  清算人は、第一項第二号又は第五号に掲げる事由によつて解散した場合には、遅滞なくその旨を所轄庁に届け出なければならない。
4  第三十一条第四項の規定は、第二項の規定による認可又は認定の申請に準用する。
(残余財産の帰属)
第四十七条  解散した社会福祉法人の残余財産は、合併及び破産手続開始の決定による解散の場合を除くほか、所轄庁に対する清算結了の届出の時において、定款の定めるところにより、その帰属すべき者に帰属する。
2  前項の規定により処分されない財産は、国庫に帰属する。

 
 残余財産の帰属については、定款を調べる必要があるのね。それと、解散には、所轄庁の認可・認定が必要とある。栃木県は、どうするのかしら。
 
 あたしは、子どもが里親に行き、養護施設の定員に余裕が出てきたら、養護施設の解散は大賛成。だけど、施設から里親への移行計画もなしに、突然の解散には納得できない。無責任だと思うわ。理事の一人の磯さんは、は、栃木県養護施設協議会の会長なのでしょう?

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

他施設に振り分けるにしても時間が迫ってる

 おはよう

 解散には、所轄庁の認可・認定が必要とある。栃木県は、どうするのかしら。

 正式な廃止届けが出されてないという事と、子どもの措置先が決定するまでは廃止を承認しないと言ってるけれど、もう10月でしょう?3月までの間に、63人もの子どもの措置先を振り分けるにしても、時間が迫ってるなあと思う。

 何にせよ突然すぎる。労使関係で対立たけなわの頃から意識してきたんだけれど・・・。

 他の施設の例では、労使関係がこじれて職員が近隣施設へ一斉に転職した事があったけれど、この時は施設の解散はなかった。反経営者側と経営者側の対立に子どもが左右される。

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。