*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-16(Tue)

養護施設を「ふるさと」という哀しさ

SANY7255

  以前、Edwardさんが酔っぱらって懺悔したことがあるの。

 恩寵園の廃園阻止闘争のときのことなの。
 
 Edwardさんは、恩寵園の廃園に賛成していたのね。子どもを虐待した養護施設が廃園となるのは、税金の上にあぐらをかきながら、子どもを虐待する養護施設に対する警告であり、正しい前例を残すからと。
 
 現に、知的障害者の入所施設では、入所者を虐待し、廃園させられた施設もあった。
 
 だけど、卒園生たちが「恩寵園を廃園して欲しいといっていない。虐待を無くしてほしい。過去の虐待に謝罪して欲しいだけだ」というので、廃園阻止闘争に入ったという。
 
 そして、廃園阻止のチラシの中で、世間にアピールするために、こんな句を入れたというの。
 
 なぐられて 育った ふるさと恩寵園
 そこしかほかに 帰る場所は無し

SANY7186

 たしか、こんな句だったと思う。廃園闘争のさなかに、一般の人に養護施設が廃園するイメージを理解させたくて、あえて「養護施設をふるさと」と表現してしまった。そのことが、とげのように残っている、というの。
 ま、一般受けするために、表現を曲げることは、広告ではよくある話だから、あたしは、褒めも非難もしない。キャッチコピーは、つかむためには、あえて誤解させることもあると思うの。

 「ふるさと」という表現は適切ではないけど、殴られようが、レイプされようが、唯一の子ども時代を過ごした場所ではあるの。養護施設でしか育つことが出来なかった人の悲哀をうたったのだと思う。「」付きなら良かったのかも…

SANY7231
 
 今回、栃木県の普恵園が廃園となるため、廃園阻止集会に参加した様子を聞いたの。そしたら、普恵園の卒園生が、やはり同じように「普恵園をふるさと」と表現していたの。ICレコーダーの録音を聞かせてもらったの。
 
 Edwardさんは、「養護施設をふるさとにしてはいけない」と、再建するのなら、入所期間を制限し、子ども時代の全てを施設で育つ子どもを無くして欲しいと訴えたの。

SANY7234
 
 同じ栃木県の養護施設「養徳園」では、HPに「養護施設は長くいる場所ではありません。」と書いてある。

 養護施設に長く居続けて、「ふるさと」と呼ぶしかなくなった養護施設と、長くいる場所ではないと里親に行くことの出来る養護施設と、どちらが子どもの家庭で育つ権利を守っているのかしら?

 あたしも、Edwardさんに賛同し、一緒に叫び続ける。
養護施設を「ふるさと」にしてはいけない、と。

SANY7189

 養護施設を 「ふるさと」と呼ぶ君は 悲しからずや
 帰る「ふるさと」もなく 世間に漂う

 

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

忘れもしません。

私が6歳から12年5ヶ月のときを過ごした児童養護施設某園を退所する際の、施設長氏の言葉を。

「帰ってくるふるさとは、この某園だと思え」

よくもまあ、そんなことをぬけぬけといえたものだと、腹が立つのを通り越して呆れていたのを、昨日のように思い出しました。

これじゃあまるで、三流高校の「愛校心の押し付け」、いや、それよりもひどい話だと、しばらくの間、怒りが止まりませんでした。

私のいた施設は、確かに他の施設よりは環境的にはよかったと思うし、感謝の念がないわけではない。
しかしだ。そんな施設でさえ、一皮むけば虐待などで問題を起こした施設とさほど変わらない状況が起こっていたのだ(表向きはともかく)と、後になって当時の職員氏(すでに退職)から散々聞かされました。

そんな施設はもちろん、そんな施設のある街、そしてそんな施設のある県でさえ、私は「ふるさと」などと呼びたくもありませんし、居住したくもありません。

都合のよいときだけ、経営の出汁にして、利用価値がなくなればポイ。年間数百万円もの金(手取り換算なら、東京などの大都市はともかく、地方なら、妻子プラス子供数名いても、そこそこいい暮らしの出来る金額)を国から引き出す出汁にされて、はした金プラスアルファの、わずかばかりの恩恵を恩着せがましく与えられる。
それが、施設児童の本質なのかと思うと、悲しさを通り越して、怒りも通り越して、空しさしか感じられません。

Mariaさん、おはようございます。

ピンクと青の境目のような空と海と、無機質な建造物の写真がとても素敵だと思いました。
「ふるさと」的情景と施設の、物悲しいまでのミスマッチを象徴するようで・・・。

いつも、拝読しています。

獏に食われし夢ならば、嘆き諦め忘れよう
大人に食われし夢の跡、人道はずれ鵺と戯れ

我の故郷いずこにありや
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。