*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-17(Sat)

ある秋の日のこと…

秋の夕焼けは、どこかもの悲しいわね

 あたしは、よく家庭の子にいじめられていたけど、全ての家庭の子が施設の子をいじめるのではなかったの。
 なかには、親のしつけが行き届いているのか、いじめ集団に加わらないで、あたしを取り囲んではやし立てるいじめっ子たちに「あなたたち、やめなさいよ。先生に言いつけるわよ」と注意してくれる子もいた。
 
 そして、ちょっとおしゃべりするようになった子もいたの。あたしは、勉強のことしか知らないから、お勉強を教えてあげたり、図書室から借りて読んだたくさんの本の話をした。
 あたしは、家庭の話をいっぱい聞いた。お父さんの話、お母さんの話、兄妹の話、おじいちゃん、おばあちゃんの話、見たことも聞いたこともない家庭の話を根ほり葉ほり聞いたの。
SANY5235

 ○ちゃんの家は、お金持ちではないけど、お父さんは仕事が終わったら、消防団の練習に参加し、終わった後、お酒を飲んで帰ってくること。お父さんと一緒にお風呂にはいると、お湯が溢れてしまって、出た後はお湯が半分になってしまって、お母さんに怒られること。
 火事になったら仕事を放り出して消防団の服を着て、火事現場に飛んでいくこと。消火活動が終わった後、すすだらけになって家に帰ってきたお父さんを、とても誇らしく思っていること。○さんのお父さんの話に、あたしは、どこか自分の見たこともない逢ったこともないお父さんのイメージを重ねていた。

SANY5250
 
 ある日のこと、○ちゃんが、「学校の帰りにうちに遊びに来ない?」と誘ってくれたの。○ちゃんが、いつもあたしから勉強を教わっていることをお母さんに話したら、「たまには、連れてらっしゃい」と言われたの。
 
 ○ちゃんの家に行くと、お母さんがスカートにエプロン姿で出迎えてくれた。にっこりと笑顔で「いらっしゃいませ。いつも、うちの○と仲良くしてくれてありがとう」と、挨拶してくれた。あたしは、笑っている大人の女の人にびっくりした。施設の女先生は、いつも恐い顔をして、ジャージ姿だった。
 ※びっくりしたことを一つ一つあげていたら、きりがないから別の機会に書くわね。

 ○ちゃんの部屋で一緒に宿題をしていたら、お母さんがおやつを持って部屋に入ってきたの。ドアをノックする音がして、「入るわよ」という声とともにドアが開いた。(これもビックリ、施設では部屋に扉はないし、先生はノックしないでどこでも入る)
 
 一緒にお菓子を食べながら、紅茶を飲んだの。(紅茶にもびっくりしたけど、キリがない)
 あたしがあまりにも、いろんなことにビックリしているから、施設での生活を聞かれたの。○ちゃんのお母さんは、「そう…」と頷きながら、複雑な顔をして聞いていた。
 
 ちょうど、テストの答案が返されたから、テストの答案を見せたら「すごいわね」と喜んでくれたの。施設では、どんなにいい点を取っても、誰も気にしない。というか、「自慢すんじゃねーよ」といじめられる。だから、先生に見せた後は、焼却炉にいれてしまう。
 
 帰り際に「また遊びに来てね」と言われた。「あなたみたいな賢い子がうちの子だったら良かったのにね…」と言われたとき、あたしは勘違いしてしまったの。 ひょっとしたら、このうちの子にしてくれるかもしれないと思ったの。

 テストの答案が返されるたびに、学校の帰りに○ちゃんの家に寄り、○ちゃんのお母さんに答案を見せたの。その度に、○ちゃんのお母さんは「良かったわね」と喜んでくれた。それが嬉しくて、何度も足を運んだ。
 
 ある日、○ちゃんから言われた。「迷惑だから家に来ないでちょーだい。うちのお母さん困っている」って。
 
 あたしは、「ごめんなさい。」と謝って、二度と○ちゃんの家には行かなかった。そうよね、○ちゃんのお母さんは○ちゃんのお母さんであって、あたしのお母さんでは無いわのよね。

一人で生きるのよ
 
 心の中のコップから、何かがあふれ出さないように、静かに歩いて施設に帰った。施設に帰って、給食室の裏にいるノラネコを捕まえ、ずっと抱っこしていた。
 
 世の中に、家庭の子と施設の子がいて、あたしは家庭の子ではないことを知ったのは、小学一年生(たぶん…)の秋の日のことだった。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

自分も同じ思い経験しました。中途半端な優しさは反って人を傷つけるのだと幼いながらも教わりました。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。