*All archives* |  *Admin*

≪04  2017/05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  06≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-01(Sat)

養護施設に入れば、死刑囚にならなかった?

また絡む人? めんどっちいわね

 Leiちゃんが、「遠くの明かり:他の里親子の番組をくり返し見続けるある里子の話」という記事で、里親家庭で育つことが出来なかった思いを書いたら、もこという方が、とつぜん、このようなコメントを書いたの。
 コメントの趣旨を明確化するため、キーワードだけピックアップします。
もこさん
・家庭で育っても 不幸な人もいるし、
・施設で育って 幸せな人だっているかもしれないし、
・里親に育てられることも、もしかしたら いいことばかりじゃないかもしれないし

 ま、いままでの侵入者の経験から、このような発言をする人は、自身の家庭に対する複雑な気持ちがあることは分かっているの。
 
Maria
・仮定による比較は、間違っている
・施設で親(里親)の愛情を知らずに育つのは、間違いなく不幸な子ども時代
・根拠のない「かもしれない」論法を止めて下さい
・変えられるのは、現在と未来の子どもたちの環境だけですわ。
・どんなに解釈を変えようとも、施設で集団暴力にさらされて育った子ども時代は存在するし、その環境で育ったことは不幸なこと

もこさん
・針で突き刺すような言葉で指摘されることも 結構 傷つきますよ。
・養護施設で育つことは、そんなに 不幸だらけなのですか?
・養護施設は、どこも 暴力ばかりなのですか?
・養護施設の職員は、悪い人の集まりなのですか?
それも一理あるかもしれませんが、そうでないことや人もいるのではないか?
最近、「無知の涙」という元死刑囚の書いた本を読みました。彼の生い立ちは不幸だったと思います。施設で育ったのではありませんが、せめて施設で暮らせていたなら こんなことにはならなかったのではないか?と思いました。

 ここで、突然、永山則夫死刑囚の著作「無知の涙」が出てきたの。
 ここであたしは、カチンと来て、養護施設「錦華学園」を出た施設出身者が女性強姦殺人事件を犯し無期懲役になった事件とその書籍「荒廃のカルテ」を紹介したの。

 そもそも、ここで、永山則夫死刑囚の話を持ち出すほど必然性もないし、このもこさんという方は、今回、挨拶もなく、突然された書き込みをしてきた方なの。
 長い間の読者をしていて、自分だけは相手を知っているという勘違いから、挨拶や自己紹介もなく、いきなり本論を書くのは心理的には判るけど、ここが最初の間違いなの。
 二つ目が、養護施設施設を肯定したいという気持ちからか、永山死刑囚(元死刑囚)の話を持ち出し、その背景の説明は無かったこと。

※(Maria注)永山則夫死刑囚の事件については、こちらをどうぞ⇒
 
 そして、Leiちゃんが、それを受けて「仮定:無知の涙の主人公が施設へ保護されたら」を書いたの。
 
 もこさんは、それに続くあたしのコメント「安っぽいヒューマニズムを満たす場所ではないの」はスルーして、Leiちゃんへのコメントで手仕舞いに入ろうとしている気がする。

 Leiちゃんは、「いらっしゃませ体質」があって、迷惑な侵入者に対してきついことが言えず、バカ丁寧に付きあうから、勘違いした人が後を絶たない。
 そもそも、「子どもたちを養護施設ではなく里親家庭で育てて欲しい」と主張するブログに「永山則夫死刑囚が養護施設で育ったら…」はないと思うの。
 著作を読んで思うところがあったのだったら、あたし達施設出身者のブログではなく、養護施設万歳の施設職員ブログに行けばいいの。それを、わざわざLeiちゃんのところに来て書くのは、何らかの意図があるの。 

 もこさんは、施設職員なのかしら?
 それとも、児童相談所などの施設関係者?

 いずれにせよ、機能不全家庭育ちではあると思う。

立場をはっきりさせて議論をして欲しいわ。
 
 さて、何でもかんでも養護施設に入れば良いという、もこさんのような社会一般の風潮に、あたしは納得できないものがあるの。
 
 ウィキペディアによれば、 
1949年6月27日、北海道網走市呼人番外地に、8人兄弟の7番目の子(四男)として生まれる。博打に明け暮れる父親の放蕩生活によって、家庭は崩壊状態であった。1954年(当時5歳)に、母親が則夫を含む4人兄弟を網走の家に残し、青森県板柳町の実家に逃げ帰ってしまう。残された則夫を含む4人兄弟は屑拾いなど極貧生活に耐えてギリギリの生計を立てたものの、1955年に、4人を見かねた近隣住民による福祉事務所への通報をきっかけに、板柳の母親の元に引き取られた。
 と、ネグレクト状態だったのは、1年間だけだったの。あとは、母親と一緒にいた。さらに、一緒に苦労した他の7人の兄弟は、このような事件を犯していない。
 
 著作を読みながら、それでも「永山則夫死刑囚が養護施設に入っていたら事件を起こさなかった」かもしれないという発想が出てくるのは、養護施設を矯正施設としてしか考えていないからと思えるの。
 じゃあ、一緒に育った他の兄弟はなんなの?
 家庭病理の問題?
 貧困の問題?

 永山則夫死刑囚が4人を殺した連続ピストル射殺事件の怒りの背景はなに?

 この怒りの原因を考えなければ、なにも解決できないと思うの。
4人を連続で殺す程の怒りが養護施設に入所して、小さい子たちに向けられたら、どうなるのかしら?

 施設は社会のゴミ箱だから、中の子どもがどうなろうと、関係ない。かえって、施設の中で発散し、社会に迷惑をかけなければいい。

 そういった、裏のメッセージが見え隠れするのと思うのは、うがちすぎかしら?

 いずれにせよ、養護施設を否定するあたし達を否定するのは勝手だけど、
何でもかんでも施設に入れるという発想は止めて欲しいの。

 養護施設は、子どものゴミ箱じゃないの。
結果としてそうなっている現実はあるにしても…

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

おひさしぶりです

 おひさしぶり。
 そうです、
 
 親が育てられない赤ちゃんを里親家庭へ!

 なのです。

 ほんとうにニッピーさんのレス、とても現状を表していて重いです。ありがとうございます。

NoTitle

ニッピーさんこんにちは。

 資料をアップしましたけど、里親や施設に入所する子どもの6割近くが、5歳以下で措置されますので、乳幼児の大事な時期を里親に優先して委託するのは、当然の事だと思います。

 その施設長さんは、ちょっとお勉強が足りないように思います。

レイさん、マリアさんご無沙汰致しております。

私も先日、施設長が「里親さんたちは、乳幼児希望が多く、よって施設では学童児が生活することになる」のような発言をされているのを聞きました。
だから施設は必要だ!?という発想になるんでしょうね。

あきれちゃいました。実子でも思春期の頃は荒れますよ。
ましてやその年齢までに、大人からの愛情の確認を得られなかった
施設の子ども達が、里親さん努力だけではどうしようもない事があります。

だから、やっぱりお二人が叫ばれいる
「乳幼児の時に里親委託」が大切だと思いました。
これが、基本だと思います。
私もどんどん発言していきます! 一里親として・・・

 施設では何のケアも出来ず人間不信になって生き延びた子を、里親家庭が引き取ってくれないと騒ぐ施設側。

 正しいけれど言えないルートで漏れ伝わった話。

 ばかじゃないか。

 里親家庭は養護施設の尻拭いの為に存在するんじゃない。
 虞犯少年じゃなく乳幼児を委託させてほしい。

 わたしは乳幼児の頃に里親家庭へいきたかったんだから。
 
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。