*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-17(Thu)

施設職員は、集団管理のプロであって、個別養育のプロではない

ごはんよ、いらっしゃい

 よく、学校の先生の子どもが不良化したり、引きこもりになったりする事例を耳にする。なかに、教師をしている親をバットで殺す事件もあったわ。
 
 子ども集団に関わる仕事をしている人が、必ずしも、子育てが上手だとは限らないの それは、養護施設の職員も同じ。
 
 あたしの施設でも、自分の子どもを、よく施設に連れてくる保母がいたの。自分の子どもも、施設の子どもも、分け隔て無く育てているポーズだった思うけど、子どもにとっても、とても迷惑だったと思うの。
わーい、ごはんだ、ごはんだ

 施設の子たちと一緒にいると、自分の親が親でなくなり、施設の子たちと平等に扱うようになる。そりゃあ、施設の子たちの前で、自分の子どもだけを特別扱い出来ない気持ちは分かるけど、「だったら、連れてくるなよ」と思うの。
 
 その職員は、子どもが中学生になったら、ぱったりと連れてこなくなったの。街で、その子を見かけたけど、髪を脱色し、タバコをくわえた立派なヤンキーになっていたの。ウワサでは、レディースにも入って、族のバイクの後ろに乗っていたらしい…

おいしい、おいしい…
 
 施設では、子どもたちの権利を主張し、どの子にも変わりない平等な態度をとる、子どもの立場に立つ保母の鏡だったわ。
 自分の子ども一人まともに育てられなくても、施設職員という職業はできるのね、と他の保母から陰口も言われていた。

どけ、おれさまが食べるんだ

 あたしもそう思うわ。
 刑務所の刑務官が、囚人を集団管理するプロであるように、養護施設職員も、子ども集団を管理するプロではあるの。
 集団管理のプロに求められるのは、集団の中の個人を平等に扱うこと。
 
 養護施設でも、問題を起こさないいい職員は、どの子どもとも、平等に接していた。それは、どの子も平等に遠ざけていただけ。
 養護施設は、みんな持たないことで均衡が保たれている世界。特定の子だけに職員の気持ちが行けば、その子は集団からやられる。それは、子どもを集団から守るためでもあるの。

ぼくのごはんなのに…
 
 職員の講演を聴くと、「子どもたち」と子どもを集団にまとめた話ばかり。そして、「子どもの権利」が必ず出てくるけど、その権利の中に「家庭で暮らす権利」たけは出てこない。
 
 あたしは、里親さんの体験発表会を何度か聞いたの。どの里親さんも、自分のところの子どもの話しかしない。(当たり前?)
 里親家庭の子どもは、こんなに里親に思われて、とてもうらやましいと思うの。多少のトラブルがあっても、こんなに思われていたら、絶対に心に里親が住むと思うの。
 里親家庭の子どもの話も聞いた。里母を「おかん」と呼んでいた。自分の「おかあさん(実母)」と「おかん(里母)」を呼び分けていた。ステキだった。

あーあ、全部食べられちゃった…
 
 施設職員が、どんなに集団養育のブロであっても、あたしは、不器用でも、あたしだけを見てくれる里親のもとで育ちたかった。
 だから、どんな妨害があろうとも、
 子どもたちを施設ではなく、里親家庭で育ててほしいと主張し続けるの。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

本を探してくれてありがとう

Leiちゃん、

 本棚から本がはみ出していたから、仕事と趣味、里親・養護施設以外の本は、ブックオフに持っていってもらったの。
 たぶん、タイトルから、養護施設の本ではないと判断して処分したと思うの。

 でも、見つけてくれて嬉しいわ。

 ある施設を出た子と話したことがあるけど、男の子達が女子を集団レイプする施設になっていた。その子は、解離性障害となって、自殺寸前だった。

 その子も、いまは行方が知れない。

 集団管理の反動で、自由な施設を目指したようだけど、虞犯少年達の暴力・性暴力で荒れる施設になっただけ…

 「常識福祉」どころか、「非常識福祉」になっただけ…

なんか、カッカとする

 なんか、非言語化火山性爆発を起こしてるので、TBしたよ、あなたの記事に連鎖反応したみたいだ。

自分の子を施設に入れた職員がいたね


 Maria、湘南学園の園長というのは 常識福祉のウソという本を書いている 中沢弘幸 という人だったよ。http://www.amazon.co.jp/dp/4535580316?&camp=759&creative=3827&linkCode=wey&tag=darknessdrago-22
 
 Amazonの本の紹介をしておくね。
 っていうか・・・Mariaは売っちゃったんだよね、たしか。

 この人は集団養護論の正しさを自分の子どもで証明するタメ?に、自分の息子を養護施設である期間育てたそうなの。

 さっき話してる間に何故か寝てしまったので、検索結果を教えられなかった、ごめん。ほんとに、目の前に親がいるのに、親と呼べない辛さを子どもに与えたのは確かみたいだね。

 施設職員は集団管理のプロかもしれないが、家庭養護については、意見そのものを特つ必要性すら考えていない。何かにつけ、虐待を受けて入所してきた子ばかり。親から捨てられた子の話はどこにもない。

施設職員は、集団管理のプロであって、個別養育のプロではない

 そうね、ほんとに。集団で子どもを管理する事が商売の職員は、里親家庭が子どもを手放さずにすむ家庭という場所での個別養育の相談に乗れる【つもりも感じられない】わけじゃない。という事だ。

 乳児院からの子どもを養育している里親が聞きたいのは、愛着のない捨てられた子の心の問題なのだ。こんな状態で里親が施設職員に何を相談すればいいのか。と思うよ。 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

頭の上の虫:入所児に体験した事のない家庭虐待の話をする施設職員

養護施設にいる間の大問題 過去に書いた体験を違う視点で書く  施設職員は【いつも】家庭に関するネガティブ・メッセージを家庭を体...
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。