*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-26(Tue)

捨てられた子どもは、自分を大切な存在と感じられるのだろうか

大切にされなければ、大切な存在にはならないの

 乳児院や養護施設が「子捨て場」であることは、あたしやLeiちゃんがいままで主張してきたの。
 
 その「子捨て場」で育ち、誰も迎えに来ないで、里親家庭にもいけない。たった一人の子どもとして愛された実感もない。
 
 「大切にされる」という体験を通して、子どもは自分が大切な存在であることを実感するのだと思うの。

大切なする人がいるから、大切にされた実感が湧くの
 
 大切にしてくれる人がいて、その人が「あなたは(私にとって)大切な存在よ」と有形無形のメッセージをくれるから、「自分は大切な存在である」と実感できるのだと思うの。
 
 知らない誰かが「あなたは大切な存在」と言ったから、「自分は大切な存在」と思うのではないの。言われたことで、「大切な存在として扱われた自分」を想起するのだ思うの。

大切にされた実感がないのに、あなたが大切というのは詐欺だと思うわ
 
 15歳、18歳で措置解除となり、「子捨ての完了形」となった施設育ちには、「あなたは大切な存在」という言葉は、単なる記号でしかない。
 
 捨てられ切った子どもが一人で「自分を大切」と思えるには、「大切に思える自分」を自分で育てるしかない。でもそこで壁に突き当たるの。

「大切」ってなに? と…

 捨てられた子どもは、悟りを開かなければ、「自分が大切な存在」であるとは思えないのよ。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

 非公開コメントは、反論のしようがないの。

 いろいろ意見を返したいけど、非公開のものを引用するわけにもいかない。公開で言って欲しいわ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 親記事、とても理解しやすい。書いてくれてありがとう。

 「たった一人の・・・」

 というのも、集団生活しか知らない子には理解しづらい話だと思う。常に集団で生きてきたから、他と自分が分離できていない、そういう子に向けて、家庭の人の「当たり前な感覚」を押し付ける事には、わたしはどうも違和感を覚えてしまう。

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。