*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-02(Wed)

津山二葉園判決 その4

 時効についての被告側の意見です。時効が、施設を出た後3年で完了するとなると、15歳で施設を出た子は、18歳までに告訴しなければならないの。

 自分の受けた行為が不法行為であり、裁判で損害賠償できるものであること、しなければ3年で時効になることを理解できる施設の子はいるのかしら?

 仮に、18歳で施設を出たとしても、生活を作るのに追われ、裁判どころではないと思うの。

(3)不法行為に基づく損害賠償請求権が時効消滅しているか否か。
(被告らの主張)

ア 原告らが,被告らの不法行為として主張する各行為から3年以上が経過した後,本件訴訟が提起されている。また,原告らが,二葉園に入所中は被告らに対し損害賠償を請求することができなかったとしても,原告らの中で,最も遅い時期である原告○○が二葉園を退所した平成9年6月から起算しても,本件訴訟提起までに3年以上が経過している。したがって,仮に原告らが主張するような不法行為が存在すると仮定しても,原告らの損害賠償請求権はいずれも消滅時効にかかっている(民法724条)。

イ 原告らは,消滅時効の起算点は平成14年6月であると主張するが,不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効の起算点を定める民法724条前段は民法166条の特則であり,権利行使の可能性は問題とならない。
 原告らの主張する不法行為が仮に存在するとすれば,原告らは,各不法行為時に「損害及び加害者」を知っていたのであるから,各不法行為時から3年の経過により消滅時効が完成する。
 仮に,不法行為に基づく損害賠償請求権においても権利行使の可能性が問題となるとしても,「権利を行使することができる時」とは法律上の障害のみを指し,事実上の障害は含まれないから(大判昭和12年9月17日),原告らの主張するような事実上の権利行使の可能性の有無は問題とならない。
 更に,百歩譲って権利行使の現実的可能性を起算点とする考え方を採ったとしても,原告らが現実に権利行使が可能となった時期は,どんなに遅くとも二葉園を退所した時点である。

ウ 原告らは,消滅時効の援用権の濫用も主張するが,このような主張が成り立つならば,およそ民法724条前段の存在意義は失われてしまい不当である。

tag : 津山二葉園

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。