*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-02(Wed)

津山二葉園判決 その5

 時効についての原告側の意見です。

 心情的には、こちらの方が理解できます。児童福祉法上でも、施設長が親権者です。指導員とはいえ、実質施設長的立場で施設を支配していた相手に対抗する心を育てるのは、時間がかかります。

 あたしも、いまでに出身施設に対する恐怖が先立ち、その施設のある都道府県に入ることに心理的抵抗が強いです。

(3)不法行為に基づく損害賠償請求権が時効消滅しているか否か。
(原告らの主張)

ア 消滅時効の起算点について
(ア) 民法724条の「加害者を知った時」とは,「加害者に対する賠償請求が事実上可能な状況のもとで,その可能な程度にこれを知った時を意味する」ものであり,起算点は,当該被害者が賠償請求訴訟を現実に提起することの困難な状況があるか否かを踏まえて決めるべきである。

(イ) 原告らは,親によって養育庇護されない子供たちが唯一頼るべき存在である児童養護施設の施設指導員であった被告水島によって,日常的な体罰を背景にした労働搾取が行われていたのであり,自分たちだけではなく,周囲の子供たちに対しても連帯責任の下に暴力が繰り返されていた中で,出口のない無力感を抱き,だれかに訴えて止めてもらうことができるとは思いつきもしなかった。原告らの数名が,その都度児童相談所に助けを求めても,施設内の改善は何らなされなかったことが,原告らの無力感を増幅させた。原告らは,自分たちの被害を被害として自覚することすら妨げられ,被告水島から,「恨むなら親を恨め。」と繰り返し刷り込まれ,施設の子供が施設で暮らすためにはこのような処遇を受けることは当然のことだと思いこまされていたのである。このような観念は,施設を退所した後も変わらず,成人に達したことによっても変化はなかった。
 原告らが,自分たちの被害を被害として考えられるようになったのは,平成14年6月,一人の少女が保護を求めた事実に関する新聞報道等により,二葉園の施設内虐待問題が明らかとなり,二葉園に対して,岡山県からも施設改善勧告がなされていることがわかってからである。原告○○は,新聞報道前に虐待の事実確認を受けた際,調査者に対して,被告水島に必ず仕返しされるのでこの問題にはかかわりたくないと述べていた。
 原告らは,平成14年6月の新聞報道以降に弁護団や支援の市民団体との接触の中で,ようやく,自分たちの体験を言葉にしていくことができるようになり,同年10月の刑事告発を受けて警察が捜査に乗り出したことなどから,自分たちの被害に関して賠償請求が可能であることを確信できたのである。
 以上の経過を踏まえるならば,消滅時効の起算点は,平成14年6月よりさかのぼることはあり得ない。

(ウ) 仮に,精神的支配からの離脱を考慮しないとしても,二葉園から退所した時から時効期間が進行すると解すべきである。

(エ) なお,被告水島の原告らに対する暴行や労働強制は,施設収容(入所)という継続的支配の下に継続して行われてきたから,時効について個々の暴行や労働強制ごとに判断すべきではない。原告らが二葉園から退所することによって継続的支配が終了し,更に原告らがようやく被告水島の精神的支配から脱した時を「権利を行使することができる時」として消滅時効期間が進行すると解すべきである。

イ 援用権の濫用
 被告水島は,社会の委託を受けて,親によって養育庇護されない子供たちを預かる児童養護施設の指導員(事実上の施設責任者)という立場にありながら,そのような絶対的優位な立場を利用し,子供たちに日常的に体罰を加え,人格的尊厳を奪い,権利意識の芽をつみ取り,人間としての自立を妨害した。その結果として,上記アに述べたように,原告らの損害賠償請求訴訟の提起を長い間にわたって妨げてきたのである。
 したがって,仮に,上記アの主張が認められないとしても,被告水島の消滅時効の援用は不当であり,権利の濫用として許されない。

tag : 津山二葉園

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。