*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-04(Fri)

津山二葉園判決 その8

この記事が最後。
この判決は、3人の裁判官の全員一致による判決ではないの。

裁判官山中洋美は,差し支えにつき,署名・押印できない。
とある。

ひとりの裁判官の良心をみた気がするわ。
原告達には控訴し、高裁でも戦って欲しいわ。

第3 当裁判所の判断

1 争点(1)及び(2)を判断する前に,争点(3)及び(4)についてまず判断する。

2 争点(3)(不法行為に基づく損害賠償請求権が時効消滅しているか否か)につ
いて

(1)民法724条は不法行為に基づく損害購償請求権の消滅時効の起算点として,「被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時」と規定し,ここで言う「加害者を知った」とは,被害者において二加害者に対する賠償請求が事実上可能な状況の下に,その可能な程度に損害及び加害者を知った時を意味するものと解される(最高裁昭和48年11月16日第二小法廷判決・民集27巻10号1374頁,最高裁平成14年1月29日第三小法廷判決・民集56巻1号218貢参照)。そうであるとすると,原告らの主張する不法行為について,被害者である原告が「加害者を知った」時とは,原則として,その不法行為時であるというべきである。そして,原告らの主張する不法行為が二葉園在園中の継続的なものであり,又は,原告らにおいて,被告水島の報復を恐れていたため,かつ,法定代理人と遮断されていたため,被告らに対して損害賠償請求をすることが困難であったとしても,遅くとも,原告らが二葉園を退所した時点(原告○○及び同○○については平成8年3月,同○○については平成9年6月,同○○については平成9年3月,同○○については平成8年4月)から後は,原告らは被告水島の支配下を離れたといえることから,被告水島らに対する頗償請求が事実上可能な状況になったというべきである。

(2)原告らは,平成14年6月の新聞報道以前は,自分たちの被害に関して損害賠償が可能であることを認識できなかった旨主張するが,同主張は,単に法律的な評価の問題であって,原告らの主張によっても,原告らがその主張する被告水島らの不法行為の時点で,損害及び加害者を認識していたというべきである。また,原告らは,被告水島の消滅時効の援用権の濫用も主張するが,同主張は,不法行為の加害者が消滅時効の援用をすることは許されないというに等しく,不法行為について短期消滅時効を認めた法(民法724条前段)の趣旨に反し,採用できない。

(3)以上のとおり,消滅時効の起算点は,遅くとも原告らそれぞれが二葉園を退所した時点(平成9年6月以前)であり,本件訴訟の提起は,平成15年7月11日であって(当裁判所に顕著),仮に,原告らの不法行為に基づく損害賠償請求権が存在したとしても,時効により消滅している(民法724条)から,原告らの被告らに対する不法行為に基づく損害賠償請求には理由がない。

3 争点(4)(被告らの債務不履行責任の存否)について
(1)被告菜花の里の責任
ア 原告らは,被告菜花の里と原告らとの関係は公立学校の在学関係に類似するとし,本件において,被告菜花の里は,施設入所に関する公法上の法律関係に付随して,原告ら園児の福祉が害されることのないよう,入所期.間中はその安全に特段の配慮を行うべき義務を原告らに対して負っていたにもかかわらず,被告水島の行為を防止できなかったから,原告らに対し,債務不履行による損害賠償責任を負うと主張するので,以下検討する。
イ 安全配慮義務は,「ある法律関係に基づく特別な社会的接触の関係」に内包される契約責任であるから,債務不履行責任の一つとしての安全配慮義務が認められるためには,その前提として,少なくとも契約関係あるいはこれに準ずる法律関係の存在が必要である。

ウ そこで,本件の場合,原告らと被告菜花の里との間に,契約ないしこれに準ずる法律関係の存在があるといえるかを検討する。
 前提となる事実及び弁論の全趣旨によると,原告らは,いずれも,法27条4項の保護者の「同意」を得て,3号措置により,二葉園に受け入れられたものと認められる。そして,原告らは,上記「同意」をもって,原告らと二葉園を設置運営する被告菜花の里との間に契約類似の合意があると主張する。
 しかし,同条4項は,3号措置が,児童を家庭から引き離して新しい環境に入れる点において,他の措置と異なった性格を持ち,それだけにその決定については特に慎重に処理する必要があることから,その児童に親権を行う者又は後見人があるときには,これらの者の意に反して行うことはできないとしたものであって,これらの者の明示的な承諾すなわち同意が同措置決定の要件ではない。また,同条4項の同意は,都道府県が同措置を採ることについての同意であって,特定の施設への入所について,その施設の設置者と合意するものではない。したがって,3号措置を受けた児童と当該施設との間には,一般的に,契約ないしこれに準ずる法律関係の存在があるとは認められない。
 そして,本件において,原告らと被告菜花の里との間には,契約類似の関係をうかがわせる特段の事情は認められないから,被告菜花の里は,原告らに対して債務不履行責任を負わない。

エ なお,安全配慮義務が,刑務所(大阪高判平成4年10月30日訟月39巻8号1419頁)や少年院(最判昭和47年5月25日民集26巻4号780頁)における矯正教育の事故等について適用された事例もあるが,これらは,いずれも国の国家賠償法上の責任又は使用者責任を問う前提として安全配慮義務が適用されており,刑務所や少年院の債務不履行責任を問う前提として適用されたものではない。よって,3号措置により,被告菜花の里が設置運営する二葉園に入所させた場合の職員等による養育監護行為について,菜花の里に対して債務不履行責任を問う前提としての安全配慮義務があるとは認められない。

(2)被告水島の責任
 被告水島は,被告菜花の里に指導員として雇用されていたにすぎず,原告らと契約関係又は契約関係類似の関係があった者とはいえないから,被告水島には,債務不履行責任を問うことはできない。

4 結論
 以上によれば,その余の争点について判断するまでもなく,原告らの請求はいずれも理由がないから棄却することとし,訴訟費用の負担につき民事訴訟法61条,65条1項を適用して,主文のとおり判決する。

岡山地方裁判所第2民事部
裁判長裁判官 廣永 伸行
   裁判官 芹澤 俊明
裁判官山中洋美は,差し支えにつき,署名・押印できない。

主 文

1 原告らの請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告らの負担とする。

tag : 津山二葉園

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

署名押印

通りかかりに失礼いたします。

この「差し支えにより、署名押印できない」というのは、
この裁判官が判決に反対したという意味ではありません。
合議体の3人が議論をしてこの判決内容は決定されたものです。

ただ、(紙の)判決書が完成するまでの間に、この裁判官が転勤(転補)・休職・退職・死亡etcによっていなくなってしまったため、
物理的に署名押印できなかったことを示しています。

この場合は、その部署に残っている他の裁判官(長)が
理由を付して署名押印することが認められています。

はじめまして

 はじめまして。
 事件の概要も浅くは知っていましたが、ブログを拝見し、コトの大きさを改めて実感しました。子を持つ親として、涙が出そうです。
 実は、私は地元に住む者で、娘の同級生の中にも園から小学校へ通っている子も居まして、かなり仲の良い友達ですので、余計に悲しいです。
 大して能の無い人間ですが、何か、こう、今日は早く帰って、子供と遊ぼうと思ったと同時に、娘の友達の子とも、もっと喋ってみたいなと思いました。
 (ただ、園の規則で、友達の家にはあまり遊びにいけないみたいですね。。)

お疲れ様でした

 Maria、おはようございます。TBと記事をご紹介させてもらいました。いつもありがとう。

 長々と無自覚なけん制コメントの書き込みも時々、あるようですが、わたし達はどんどん先へ進みましょう。時間は有限だからね。無駄に時間の有限コストを払いたくないから。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参照記事:津山二葉園判決文の記事のご紹介

 Mariaが、とても判りやすく今回の津山の判決文を分析してくれました。分析といってもその内容を8回にも渡り詳細に、判りやすい文章で説明し...
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。