*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-07(Sun)

News 坂本選手引退試合 “不屈の拳”完全燃焼 負傷ドロー「過程を重視」

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports/sports_all/20070107/20070107_001.shtml
2007/01/07 西日本新聞朝刊
坂本選手引退試合 “不屈の拳”完全燃焼 負傷ドロー「過程を重視」


 不屈のボクサーが完全燃焼した‐。プロボクシング元東洋太平洋ライト級王者、坂本博之選手(36)=福岡県川崎町出身=が6日、東京・後楽園ホールでカノーンスック・シットジャープライ選手(タイ)と引退試合を行った。
 試合は負傷による判定で7回引き分けに終わったが、数々の逆境を乗り越え戦い続けた「平成のKOキング」は、16年にわたるプロ生活に満足の表情。「47戦で初めてのドローに終わったけれど、僕は結果より過程を重視してきた。みなさんに、僕のボクシング人生をささげます」。リングからファンに最後のメッセージを送った。
 試合後の控室でグローブを置くと、ここまでの歩みが脳裏をよぎった。幼少のころ、預けられた親類宅で虐待を受け、飢えをしのいだ日々。児童養護施設「和白青松園」での生活。恵まれてはいなかったが、境遇のせいにはしなかった。
 それは「運や運命のせいにはしない。生きていれば人間は前に進むことができる」という信念があるからだ。
 ボクサーになっても世界王座に4度挑戦し、すべて失敗したが、立ち上がった。椎間板(ついかんばん)ヘルニアも克服。打たれても前に突き進むスタイル戦い続けた。
 「これまで逃げずに戦った。後悔はない。真っ白に燃え尽きた」
 引退後は全国の養護施設などを訪問し、講演活動も続ける。自身がつくった、施設を支援する「こころの青空基金」の輪を広げる運動も始める。「これまでは戦う姿と拳が誰かを勇気づけられたらと思っていた。でも今後は僕の生きざまを熱を持って言葉で表現し、子供たちの力になりたい」。人生のセカンドステージのゴングが鳴った。

 和白青松園の子どもから花束を受け取る坂本選手(左)=6日、東京・後楽園ホール
空きっ腹では青空を飛べないわ。帰る家もなく、いつまでも青空を飛び続けているのは悲しいわ。鳥だって、いつかは地面に降りる。せめて、眠っている間は、安全で安心できる家庭を与えて欲しい。カラスだって、おうちに帰るのよ。
こころの青空基金
http://www.kadoebi.com/aozora/

 あたしは、この坂本さんの試合を見たことがないけど、ルールのある「暴力」というボクシングの世界で、活躍しているのは聞いたことがある。
 坂本さんのでた児童養護施設「和白青松園」は、定員120名の子どもが集団で生活している大舎制の巨大施設。

 坂本さんは、がんばる事が出来たと思うけど、がんばっても、力尽きて消えていった子どもたちも少なくないと思うの。いえ、大半の子が、さまざまなハンデやトラウマに押しつぶされていったと思うの。

 勝ち抜いた人は、「がんばった」ことを誇るけど、施設に来る前の家庭のトラウマや、それを超える施設時代のトラウマをもって、ただ生きる事が戦いとなっている人たちのことにも、思いを馳せて欲しいわ。

 そして、養護施設で子ども時代の全てを生きることを容認するのではなく、自分の施設で育った過去を肯定するために、養護施設を応援するのではなく、ましてや、施設の子どもたちを自分の応援に使うのではなく、一人で生き抜かなくていい子ども時代を施設の子どもたちに与えて欲しい。

 自分と同じように、施設でたった一人の大人を得られずに生きるのではなく、里親家庭にいって、自分だけを思ってくれる里親に愛されて欲しい。

 養護施設の人の「がんばって」活躍した報道は、どこか悲しい。
がんばらなくても、普通に生きられる力を子どもたちに与えて欲しい。
それは、養護施設では不可能なこと。


あたしは、やはり、
子どもたちを施設ではなく家庭で育てて欲しい
と祈り続けるわ、小さな声だけど…

里親さんを勝手に応援ブログ

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

逃げないで戦うのは鉄板の上で踊り続ける事に等しい

 戦いは自分を鼓舞するけれど、どこか、熱した鉄板の上で踊らされているような気持ちになる。周囲からはやし立てられ、追い立てられ、戦いたくもない相手を踏みつけにしなければいけない、戦い方に規則はない。

 奴隷の自分の身分を上げるには勝ち抜いてゆかなくてはならない、一生を戦いに明け暮れた者が戦いをやめた時、その時、何が起こるのだろう。

 でももし、もう戦わないでいいという人が現れたら、今度はその人を相手に戦ってしまうかもしれない。それほど、戦いが身に染み付いている。

悲しい子ども時代にしないで

子ども時代を、悲しいものにしないで。
めぐまれない子を、めぐまれないままにしないでほしいですね。
そのためには、原則、家庭で育てる方向にしたいです。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。