*All archives* |  *Admin*

≪04  2017/05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  06≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-12(Sat)

措置と契約についての誤解(?)記事 (4/13訂正追加)

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080411ddm012040134000c.html
毎日新聞 2008年4月11日 東京朝刊
知的障害児施設:入所費「二重の差別」焦点に 措置か契約か、自治体の「さじ加減」


 障害者自立支援法で障害児施設に導入された「契約」制度は、障害の有無で子どもに対する公的支援が区別されるうえ、保護者負担が必要な契約か、公費負担の措置かの判断に都道府県で大きな差が出るという二重の差別を生んだ。子どもが自治体の「さじ加減」で翻弄(ほんろう)される不公平さは、今月から本格的に始まる自立支援法の見直し論議で焦点の一つになりそうだ。

 独自の基準を定める千葉県の障害福祉課は「独自基準で国が定める措置の3要件を補足する。児童相談所(児相)が家庭調査し、少しでも虐待などの恐れがあれば措置と判断している」と説明する。

 独自基準は自立支援法施行直前の06年7月に制定。児相の所長が(1)児童虐待防止法の児童虐待に該当(2)保護者が死亡、行方不明で養育不能(3)保護者が精神疾患等で入院・在宅療養中(4)保護者が服役または施設入所中(5)保護者と暮らすことが児童の心身に悪影響--のいずれかと判断すれば措置対象とする。国より要件を細かく規定することで、児相の恣意(しい)的な判断を排除する狙いがある。

 県内の施設の男性職員は「千葉は措置か契約かを決める前に、児童福祉司が必ず子どもや家族の状況を調査している。仮に契約になっても、年に1回は子どもに会いに来てくれる」と評価。一方、契約率の高い東京都の児相については「十分に調査もせず、『原則契約』ばかり。子どもに会いに来る福祉司もまれだ」と指摘する。

 日本知的障害者福祉協会の調査には、契約と判断された235の事例が寄せられた。「親が養育を放棄」「父親は知的障害、母親は精神障害者」など、家庭環境が切迫したものばかりだ。しかし、児相の回答は大半が「国の措置要件に該当しない」「親が『契約する』と言った」。中には、養父の暴力を理由に措置を求めた施設の意見を「体罰はしつけ。虐待ではない」とはねつけたケースまであった。都内で施設を運営する施設長の一人は「障害があるだけで虐待さえ虐待だと認めてくれない。障害児には社会的な養護が不要ということか」と厳しく批判する。【夫彰子】
 いま、措置制度だけでなく、支援費制度も勉強しているの。知り合いが、障害者施設の職員をしていて、措置と契約の子どもの二つに分かれている、と以前話してくれたの。

 この記事では、措置だと、親はお金をまったく払わなくていいような書き方だけど、たしか、措置でも、児童福祉施設措置費等徴収金を、世帯収入に応じて親は払わなくてはいけないはずなの。

 (参考)京都府児童福祉施設措置費等徴収規則

 国税庁HPで、所得控除後の所得金額を仮に300万円として税額を計算すると、所得税額は202,500円となるの。
 これを、京都市の措置費徴収規則にあてはめると、措置費の徴収額は月額13,000円(年額156,000円)となるの。

 ただ、子どもを施設に入れる親だから、お金の支払いもルーズで、児童相談所も、取り立てをしていなかったの。だから、措置なら、親はお金を払わなくてもいいという風潮が生まれているの。

 調べたら、東京都では、児童福祉施設措置費等徴収金を主税局が取り立てるトライアルをしているようなの。

 この東京都のHPによると、児童福祉施設措置費等徴収金を支払わないで取り立ての対象になった親は99人いて、その額は1億2761万円、一人平均128万9千円なの。先ほどの年額156,000だと仮定すると、8年分となるの。

 子どもを養護施設に入れっぱなしにするのは、原則として親もお金を払わなくてはいけないの。

 措置制度と、支援費制度を正しく理解していないと、こんな勘違いした記事になると思うの。

 それから、
県内の施設の男性職員は「千葉は措置か契約かを決める前に、児童福祉司が必ず子どもや家族の状況を調査している。仮に契約になっても、年に1回は子どもに会いに来てくれる」と評価。一方、契約率の高い東京都の児相については「十分に調査もせず、『原則契約』ばかり。子どもに会いに来る福祉司もまれだ」と指摘する。
とあるけど、1年に1回でも、少なすぎると思うの。

 もっとも、あたしなんて、15歳で施設を出た後まで、担当の児童福祉司に会ったことはないのだけど…
 

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。