*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-15(Tue)

誰からも望まれない子は、施設で子ども時代の全てを生きる

自分の力でどうにもならないことは、神仏に祈るしかないの

 あたしの戸籍を取り寄せたことがある。
 父親欄は空白。
 
 いわゆる「父無し子」
 
 不倫なのか、レ○プなのか、近親姦なのか、いずれにせよ、胤元を公開できない人が生物学的父親。

祈っても変わらないかも知れな…。でも、子どもは祈り続けるしかないの…

 施設時代、なぜか「ててなしご」とはやし立てられ、学校でもいじめられた。自分の戸籍すら見たことがないあたしが、なぜか、戸籍の父親欄が空白であることでいじめられる。
 
 あたしも知らないあたしの個人情報を漏らしたのは誰?
 
 ものごころついたら、施設の中で一人立っていたから、親という存在への期待もないし、「ててなしご」という嘲りも、「聖母マリア様だって処女懐妊よ」と、責めどころではなかったの。
 
 小さい頃、一度だけ精神病院にいる生物学的親と会ったことがある。「この人がお母さんだよ」と言われた女は、美人ではあるが、現実世界から逃げまくり、虚構の世界に生きる女だったの。
 
 子ども心に、「こうなっちゃ、人間おしまい」と思った。あたしは、自分の心を手放したら、この女みたいになると思って、ずっと、狂気の世界と対峙してきた。
 
 あたしはキチガイ女に聞いたの。「あたしのお父さんは誰?」と。
 
 その瞬間、キチガイ女は正気を取り戻したかのように、あたしを見つめた。
 でも、すぐに視線を宙に泳がせ、自分の世界に戻っていったの。
 
 
 親が精神疾患で入院し、施設に入所し続ける子は多い、回復するあてのない親を施設で待ち続けさせる。
 
 親を待っていたら、子ども時代が終わってしまう

 待ち続けた子どもは、結局、誰も迎えに来ないままに、施設を一人で出て行くの。
 子どもを育てられない親は、きちんと子どもを捨てて欲しい。
 自分が子どもに与えられない家庭を、里親家庭に行かせることで与えて欲しい。
 それが、最後の親の努めだと思うの。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。