*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-20(Sat)

食べることは義務でしかなかった

とらふぐのおさしみ
 先日、三人で新年会をしたの。あたしもLeiちゃんも、フグを食べたことがないという話になって、Wolfさんがごちそうしてくれたの。
 昔は、フグの毒に当たって死ぬことがあるから、「鉄砲」とも呼ばれていたの。だから、「鉄砲の刺身」から「てっさ」、「鉄砲のちり鍋」から「てっちり」というようになったんですって。いまでは、ふぐ調理師の免許を持った人しか調理できないから、フグ毒に当たるなんてことはないから、安心して食べてもいいのね。

 こんな蘊蓄(うんちく)を聞きながら、お皿にきれいに並べられたお刺身を食べたの。お皿の模様がほんのりと透けて見えるほど薄く切られたお刺身を、箸で数切れすくい取り、紅葉おろしを付けたポン酢に白身をつけて食べた。ちなみに紅葉おろしは、大根に唐辛子を刺し、摺り下ろして作るんだとか…。
ふぐのひれ酒よ
 フグの白身は、固すぎもなく、柔らかすぎもなく、ほどよい弾力で、口の中でほぐれていく。呑み込むのがもったいないほど。でも、名残を惜しんで、ノドの奥に呑み込む。フグのひれ酒を口に含む。香ばしい香りが鼻をくすぐり、熱い酒が、フグの身の名残を洗い流す。
 目を細め、ノドをならし、声にならない至福のため息をこぼす。
ふぐ皮のポン酢
 そして、たわいもないおしゃべり。心を許す人たちと、お酒を飲み、食事をし、おしゃべりをする。これが、こんなにも楽しい時間だとは、知らなかった。

 会社の宴会は、酌婦と化し、セクハラをかわし、夕食代を浮かすために、しっかりと食べる。そんなんだから、お酒の席が楽しいなんて思わなかった。部下ができても、上司には気を遣い、部下にも気を遣うことに変わりなかった。
 酒席では、出身大学の話や、田舎の話、家族の話が飛び交い、そのどれにも加われないあたしは、ひたすら仕事であるコンピュータやシステムの話しかしなかった。だから、仕事大好き女と思われていた。
とらふぐの煮こごり
 さらに、施設時代に遡れば、食事で浮かぶ言葉は、「出された物は好き嫌いをいわない」「食事の時は無駄口をきかない」「30分以内に食べる」などなど…
 大勢の食堂で姿勢を正し、お祈りをしたあと、「いただきます」の号令で食べ出す。食堂には、咀嚼する音、お茶をすする音、箸やスプーンが食器に当たる音、巡回する職員の足音だけが響き、黙々と食べた。
 目の前の食べ物が何であろうと、全て空にしなければならない食べ物でしかなく、それがどんな名前の料理であるのか、どんな素材から作られているのか、知ることもなく、ただ口に運んでいた。肉は肉でしかなく、豚肉と鶏肉と牛肉の違いがあることも知らなかったの。もっとも、牛肉は食べたこともないことが施設を出た後わかった。サラダなんてしゃれた物はなく、山と盛られたキャベツの千切りや大根おろし、にんじんの千切りが野菜の全てだった。ピーマンなんてしゃれた食べ物も、食べたのは施設を出た後だった。
 大皿からそれぞれの箸で取って食べることも知らなかった。だから、施設を出た後、大皿に盛られた料理を見たときは、みんなの皿に取り分けようとして、笑われたことがあった。
お鍋も同じで、「鍋を囲む」という言葉も、施設を出て、かなり経ってから知ったの。
ふぐちり鍋
 いま、「食育」といって、食べることをとおして、栄養や食習慣・食文化の知識を学ぶことが見直されている。でも、施設では、食堂に用意された食事をただ食べる。これが食の全てだった。
 出された食事全てを食べるのが原則だった。嫌いなものを残す子がいたら、「アフリカではなー、食べるものも満足になくて死んでいく子がたくさんいるんだ」と怒鳴られる。「だったらアフリカに送ればいいじゃん」と口答えをした子がいたけど、口の中を切るほど殴られて、しばらく食事ができなかったみたい。
 そのくせ、いない子や罰を受けて食べない子の残った食事は、箸を付けていなくても、すべてポリバケツに捨てた。だから、家庭で残った料理を次の食事に出すのが信じられなかった。
ふぐちり鍋の具
 さて、お刺身のあとは、ふぐちり。「フグは残すところがない」という。ほどよく火の通ったフグの肉が、軟骨からほろりとはがれる。かむほどに旨みが口の中に広がり、お刺身と違ったおいしさ。「おいしー」以外の言葉はなく、熱い鍋をはぐはぐと食べ、生ビールでノドを湿す。

 施設では、熱い料理は食べたことがなかった。食堂のテーブルに100食ほど並んだ食事は、いつも冷め切っていて、汁物も、熱々で食べたことはなかった。特に冬は、冷え切ったおかずを、冷たくなる一歩手前のご飯と一緒に、胃に送り込む作業を黙々とこなしていた。
ふぐの雑炊
 お鍋の具をすっかりさらったら、だし汁を足し、ご飯を入れ、しばらく煮る。溶き卵をまわし入れ、蒸らす。三つ葉やアサツキを好みで散らし、お茶碗にすくって食べる。フグの出汁をご飯が吸い込んで、ふっくらととろけている。フーフーしながら、舌がヤケドしそうな熱い雑炊をかき込む。WolfさんとLeiちゃんが握手しているけど、あたしの五感は、味覚に集約され、人の言葉の意味を理解する機能は一時休止中で、なに話しているのかわからない。

「おいしかったー」

 少しきつくなったスカートのベルトを、気づかれないようにゆるめ、自然と顔がほころんできた。Wolfさんは、雛に食べさせて満足している親鳥のような嬉しそうな顔をして、うんうんと頷いている。Leiちゃんは、やたらと「不思議な味」と繰り返し、首をかしげている。「あんた、それを『おいしい』というのよ」と教えるあたし。

 生きることは食べること。食べることは楽しむこと。食べることを楽しめなかったら、生きることの楽しみが半減すると思うの。子ども時代のあたしは、食べることを楽しんでいたのかしら…

tag : ふぐ 食育 養護施設

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

お鍋って二重に楽しめるのだね

 今気付いたのだけど、お鍋のあとは「おじや」「うどん」と、会社の飲み会の時にそれぞれにコダワリ出したの。わたしにも意見を求められたけど、どっちが良いかわからなかった。わたしはお鍋自体に驚いている状態だったからコダワリまではいかなかった。

 Wolfさんと握手したのは、きっと「美味しい気持ちになるのは、他の子にもこういう時を持ってもらえるようにがんばろうね」「美味しい気持ちになれなかったのは、「アフリカの飢えてる子より幸せだとお説教されて」きっとすごく後ろめたい気もちになってたから」という話をしたからじゃないかと思う。そんな雰囲気が残ってる、最初はすっかり忘れてたんだけど・・・。

マザー・テレサの言葉に「世界の貧しい子どもたちの事を考える事も大事ですが、まずは自分の国の子どもたちを見てください」のような印象の言葉があったように思う(うろ覚えです、このメッセージをネットで探せばよかった)。わたしは日本の、この国の子どもたちの事を考えてしまう、そんな風な気持ちになる大事な時間を過ごせたよ。

 きっとごく、プライベートな人と楽しく囲む料理は、きっと不思議な味をかもし出すスパイスがあるんだね。

美味しいそう

きっと、3人で食べたから「おいしい」が倍増したんでしょうね。たくさんの子どもたちにも、その感覚を子ども時代に経験して欲しいですね。

あと、美味しい物を作る楽しさも。
私は里子ちゃんたちとの食事でその感覚に気がつきました。
ふぐの写真おいしそうです。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。