*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-24(Tue)

赤ちゃん養護 施設より養子縁組で家庭へ オピニオン・わたしの視点

赤ちゃん養護 施設より養子縁組で家庭へ オピニオン・わたしの視点

朝日新聞--2009年(平成二十一年)2月19日木曜日--

 矢満田 篤二 社会福祉士

 私は、レイプなどで予期しない妊娠をした女性の相談を受けて子どもを願う人との赤ちゃん縁組を仲立ちしてきた。だが、こうした境遇にある乳児や子どもの大半は乳児院と養護施設で生活し、家庭で養護される数は少ない。

 国は家庭的な養護を増やす為、昨秋、児童福祉法を改正し、4月から支援対策が強化されるが、これで大きく改善されるとは思えない。

 厚生労働省によると、07年度の乳児院の乳児は役3千人、児童養護施設の子どもは約3万人いる。

 実親の元に帰る子を除き、施設に残る子どもは高校や専修学校を卒業すると、即自立を強いられる。

 大学などへの進学率は2割弱と、全国平均の3分の1以下だ。国の支援が不十分なことや長年の集団生活がハンディを生み出している。

 施設とは別に一定期間家庭で預かる里親制度があるが、約3600人と全体の1割弱。厚生労働省は「社会的養護は養護施設から、より家庭的な養護に移行していくことが必要」(社会保障審議会報告書)と里親の委託率を09年度に15%に引き上げる計画を立て、法改正で里親への養育費の支給増や相談業務の支援策を打ち出した。

 しかし、それで里親が急増するとは思えない。私の経験から里親の過半数は、子どもがいなくて養子縁組を希望する人たちだが、国や仲立ちをする児童相談所が養子縁組に積極的に取り組もうとしないからだ。

 特に新生児との養子縁組には「後で子どもに障害があるとわかれば困る」と否定的で、2歳以上の養子縁組が細々となされている。

 しかし、長期間の施設養護は児童に複雑な影響を与え、家庭に入って赤ちゃん返りするなどの「反応性愛着障害」が指摘されている。

 児相に専門家が少なく、リスクを負って養子縁組することに慎重になっている。愛知県では県産婦人科医会が赤ちゃん縁組無料相談を進めてきた。82年、児相に勤務していた私はこれを取り入れ、養子縁組を望む里親への新生児里子委託に着手した。

 私の定年退職後も愛知県の各児相で継続し、94年度から07年度までに計98人の赤ちゃんが養子縁組し、新しい家族の一員となった。

 私達は、養子を望む人に家庭裁判所が特別養子縁組を認容するまでは乳児院代わり過ぎず、実親に赤ちゃんを返せという審判があれば返す。後で知的障害などがわかっても育て続ける。養親の年齢は40歳までなどの条件を付けて判断している。

 暴力的に妊娠させられ出産した女子中学生の例では、縁組を望む里親候補の夫婦を産院に案内した。対面した実母とその両親は涙で声が出なかった。

 一方、欧米などでは里親の委託率はオーストラリア91%、英国60%、米国76%などで、家庭的養護を重要視している。英国ではブレア政権時代に施設出身児の追跡調査をし、社会への不適応や低学力などの実態が明らかになり、施設から家庭的養護に転換した。

 私が訪ねたダドリー市では養護施設を廃止し、人口30万人にもかかわらず150組の里親が子どもを育てていた。

 今、愛知県や長野県で養子縁組した家族たちが自主交流会を組織し、私も世話人として参加している。子どもが幾つになったら真実を告げたらいいのかなどの悩みを打ち明け、それに他の会員が助言している。生みの親との縁が薄いこども達のために大人は何をすべきなのかという原点に戻り、国は児童相談所に専門スタッフを置き、政策転換に大きく踏み出してほしい。




theme : 親が育てない子を里親家庭へ
genre : 福祉・ボランティア

tag : 児童養護施設 愛着障害 社会的養護

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

里親制度

はじめまして

私は現在米国で生活をしております。
私の周りには 明らかに人種の違う親子の姿が多く であってもどこまでも柔らかな微笑みで子供に接する母の姿がそこにあるのです。

「私の娘は この種類の子犬を知らないので 見せて説明してあげてもいいかしら?」と 白人のお母さんが私に話しかけてきました。
「ほら うちのBettyちゃんの赤ちゃんの頃もこんなに小さかったのよ。」などと 黒人の娘さんに説明しています。

私達夫婦には子供がいません。こういう道もあるのだと…選択肢の幅が広がった思いがしました。
けれど残念ながら夫の兄弟 親族が 里親も養子にも大反対しているのが現状です。
世襲制に近い遺産相続問題が水面下で蠢いているからでしょう。

抜本的改革として 日本の遺産相続権は本人の自由意志(遺書)のみにして 遺留分の権利も無くしてしまえば 相続の権利主張もなくなるのにと素人ながら思いました。

私達夫婦は 精神疾患を患った(発病した)女性と縁あってトラブルに巻き込まれ大変な目に遭ったことがあります。その女性は幼児期 母親による虐待を受けて育ったそうで やり場のない思いを今でも抱えてしまっています。

愛したいのに抱くことが出来ない私達のような夫婦って 思った以上にいるはずです。 
不景気など続く現在 自分達の老後の確保が優先されてしまい
溢れだした愛情をペットへと向けてしまい 本来あるべき人類の「愛」のシェアを 横において生活しているかのような罪悪感が 日々募ってきています。
今日もネットで 「里親制度」 から 検索してここまで旅をしました。


初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。