*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-18(Sat)

児童養護施設は、現在の水子寺?



⇒読書感想文:「水子 中絶をめぐる日本文化の底流」を読んで1
⇒読書感想文:「水子 中絶をめぐる日本文化の底流」を読んで2
 
 Leiちゃんが、とても考えさせる感想を書いてくれたから、あたしも、この350ページもの大作を読んでみようという気になったの。全部で12章あり、今、半分くらい読んだのだけど、各章ごとに内容が詰まっていて、いろいろ考えさせるので、途中経過というか、感想を書いてみようと思うの。

水子地蔵
 
 あたしは、キリスト教漬けの施設で育ったから、日本文化なんて知らずに育った。キリスト教の歴史は天地創造から十字軍、日本の26聖人まで、よく知っているけど、日本の文化については、全くといっていいほど知らずに育ったの。

 
SANY9132

 小学校、中学校では、勉強は習っても、日本の文化を学ぶことは無かったと思うの。日本の文化って、日々の生活の中で、地域の交流の中で、そして、家庭における親の行動の中で、子どもの中に染みついてくるものだと思うの。

水子地蔵
 
 水子って、そもそもなに?
 
 あたしは、実は、水子という言葉の意味をホントに知ってはいなかったの。単に、「流産してしまった子ども」程度の認識しか持っていなかったの。
 施設でも、小学生や中学生の女子が、ある日突然入院し、数ヶ月して戻ってくることがあったの。訳知り顔の子が「あの子は堕ろしてきたんだ」と囁くことはあったの。たしかに、上級生からレイプされることもあったし、外の大人だって、施設の子だと知ると、物陰に連れて行こうとする人もいたの。
 
 でも、そのことと、水子が結びついていなかったの。そうはいうものの、妊娠させることは女への最大の暴力だと思ってもいたの。

卒塔婆

 ここでいう水子は、「ある種の家族計画により中絶した子ども」「出産後に口減らしのために殺された子ども(嬰児殺し)」を総称しているのね。現在は、出産後に子どもを殺すのは犯罪になるから、なるべく妊娠中に胎児を殺そうとするの。
 平成17年度の人工妊娠中絶件数は289,127件(厚労省HP)と、日本は、未だに中絶大国であるの。

 人工中絶の是非は、あたしにはわからないけど、妊娠中に捨てるか、出産後に捨てるかの違いのような気がするの。そして、養護施設は、捨てた子どもを受け入れる、水子寺のような存在なのだと思ったの。

水子供養
 
 「水子供養にお金をかけること」と、「捨てられた子どもたちの施設へお金を寄付すること」は、どこか通底するものを感じるの。
 「賽の河原で子どもたちが弥勒菩薩に救われる」と願うことと、「養護施設で子ども同士が助け合って、健気に生きている」と思い込むこととは、どこかつながっている気がするの。

水子への供物

 日本人は罪の意識がない
 
 この本では、日本人には、キリスト教的な罪の意識はあまりなく、畏れと祟りの文化だというの。そして、西洋人に理解しがたい日本の風習に、供養という概念があるの。

 生まれてくることの出来なかった水子への供養は、感謝と謝罪が入り交じったものだというの。生まれてこなかったことで生者の生活を守ったことへの感謝、生まれてくることが出来なかったことへの謝罪が入り交じり、水子が祟りをなさぬように、その魂をなだめ、救われることを祈願する。
 
 日本の乳児院・養護施設に入っている子どもたちは、戦後の時期を除けば、ずっと3万人程度だけど、堕ろすことに失敗した子どもたちが、生まれてから捨てられているのだと思うの。
 もし、人工妊娠中絶が禁止されたら、捨てられる子どもは、いまの10倍、100倍となって、大きな社会問題となると思うの。
 人口が2億人のアメリカでは、里親家庭にいる子は50万人という。人口がアメリカの半分の日本では、捨てられる子どもが25万人も出たら、養護施設を今の8倍にしなければならないの。560ある施設が、4000も出来ることになるの。

 生まれてくる前に捨てられる子どもが大半なので、生まれてから捨てられた子どもの問題は、社会的な圧力となり得ないのだと思うの。

供物
 
 ま、半分読んで思ったことをつらつらと書いたけど、後半を読み終わったら、また感想を書こうと思うわ。
 
 それにしても、西洋人である著者の感覚のほうが、あたしも理解しやすいのは、あたしも日本文化を外側から見ているのだと思うの。外見は日本人なのに、日本の文化が身についていない感覚は、いつも「あたしはどこの国の人?」と思っているの。あたしは、日本文化を勉強中。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

トラックバックが反映されぬ!

 Maria、書いてくれてありがとう。

 トラックバックの機能がうまく働かなくて、最近は自分の元記事にリンク貼るくらいしかできない、ごめんね。

 わたしが居た施設に地蔵があって、その地蔵は地域の民が寄贈してくれたという話を、今頃になって思い出したよ、確かに養護施設はそういう場所だったのかもしれない。

 あとでわたしの記事も読んでMaria

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。