*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-04(Sun)

マインドコントロールからの解放のために…

禁断の聖書 Vol.1 テンプル騎士団 番組時間(CM時間を除く): 47分14秒

禁断の聖書 Vol.1 テンプル騎士団(パソコンテレビGYAOへ飛ぶ)
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0022663/

 テンプル騎士団は「ダ・ヴィンチ・コード」で聖杯を守る謎の結社として登場、現代でも多くの宝を守っていると囁かれている。彼らの戦闘シーンから謎の儀式などを再現しながら、この結社に関する真実を解き明かしていく。
 街角の宣教

 ものごころついたら、キリスト教の養護施設にいたあたしは、なんの疑いもなく洗礼を受け、信者となり、施設の中でキリスト者として生きようとしていた。
 
 このテンプル騎士団の話や、聖地イスラエルを奪還するために戦った十字軍の話など、いっぱい聞いていたと思う。
 
 そして施設では、「あなたたちは神の兵士です」と神父様やシスターにいわれて育った。もちろん、実際に兵士として戦うのではなく、比喩的な意味で使われていると思っていたの。
 
 ところが、修道士でありながら、騎士として異教徒を殺害していたテンプル騎士団の騎士が、文字どおり「神の兵士」と呼ばれていたことに衝撃を受けた。小さい頃から信じ込まされてきたキリスト教もまた、血塗られた歴史、それも自ら血にまみれていた。
 世の中が、きれい事ばかりでないのは、この年になれば理解してきたけど、キリスト教の養護施設は、本当にきれい事ばかりで、それ以外の醜いものは認められなかったと思うの。
 
 キリスト教以外の宗教観、人生観を知らずに、キリスト教一色にマインドコントロールされたあたしは、施設をでた時は、「異教徒の群れ」に放り出された気持ちで生きてきた。異教徒は敵、異教徒は悪魔、なぜか、そんな気持ちがこみ上げてくる…
 食事の時にお祈りをしない、十字を切らない、日曜日に教会に行かない、キリスト教の祭日とは無関係に動く社会のスケジュール、…
 異教徒の群れの中で、自分の信仰をどう守っていくのか…。これが、あたしの戦いでもあった気がする。
 
 施設を出て○○年。少しずつ、あたしの中の宗教的なものを整理する時期なのかもしれない。キリスト教への距離感を整理するために…

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。