*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-26(Sun)

家庭で虐待を受けた人は、何をしても許されるの?

 今回、「里親家庭を「家」と呼ばないで」という元里親家庭で育った方達のブログと、2チャンネルの書き込みを読んで、その言葉遣いの汚らしさと、傍若無人な振る舞いに、「この態度、どこかで見たことがある」と、デジャブな感覚になったの。
 じっくり考えたら、以前、hashigotanさんという方が、あたしたちのBlog記事に対して、攻撃をしてきたことを思いだしたの。
 
 ブログトップの「初めての方」への挨拶に「それから、hashigotanさんのブログ経由で来た方、お望みの汚らしい性表現はありませんので、とっととお帰りください。(2007.8.21add.)」を加えたのも、hashigotanさん対策ではあったの。。

(過去記事)
⇒性虐待からの回復のために
⇒虐待を受けた後 どう生きるかは 大人のあなたの責任
⇒断片の記憶の残滓
⇒幽霊の正体見たり 枯れ尾花

 「そういえば、あのhashigotanさんはどうしているのかしら?」と、ネットを探したけど、あのブログがなくなっているの。いろいろ調べたら、以前のブログを閉鎖し(され?)、kuroihikariの日記というブログをやっているようなの。
 
 結婚して、幸せそうで、過去を悔やみ、いまは無闇矢鱈と人に噛みつかない記事を見て、かなりがっかりしたことは事実。
 
 結婚して治まる程度の怒りで、他人を攻撃しまくっていたの?
 
 その程度の怒りで、攻撃対象にされたなんて、かなり怒り心頭だわ。
ちょっと話がそれたわ。
 
 実親家庭であろうと、里親家庭であろうと、家庭で育ち、家庭で虐待を受けた人は、どこか似ているのかしら?

 さて、里親家庭で虐待を受けた方達のブログや2チャンネルの書き込みを読んで思うことは、
虐待を受けたと自己申告すれば、何をしても許されるの?
 ということ。

 体験記は別として、それ以外の記事では、「事実を歪曲した表現」や「根拠がない決めつけ」が少なくないの。
 里親制度に関する公式情報を伝える人には、誰であろうと攻撃しまくる。里親制度に反対しない人は全て敵であるかの反応は、賛同する人たちをも遠ざけてしまうの。。
 あたしは、あのブログの里親家庭の虐待記事もウソではないと思うけど、それ以外の記事にウソが混じっていたら、虐待記事もねつ造と思われかねないの。
 語っていることが9割真実でも、残りの1割が信憑性がなかったら、全てを否定されかねないのが社会なの。

 養護施設では、子どもが虐待を訴えると、「この子は嘘つきだ」「虚言癖がある」と、過去のウソをついた事実を持ち出され、全部つぶされてきたの。一度もウソのついたことのない子、一度も問題を起こしたことがない子でさえ、「大人の関心をひくためにウソをつく」と言われる。
 養護施設の戦略は、たった一つのことであろうと、「嘘つき」というレッテルを貼ることで、それ以外のこともウソであると思わせることだった。

 それから、「こんな性格の子なら、殴られてもしかたない」と思わせる手法もあるの。あの汚らしい表現は、読む人に不快感を持たせるし、その不快感からそう思わせる危険性があるの。
 
 はっきりいって、あの汚らしい表現と、里親であれば誰にでも噛みつく過剰防衛な態度は不快だし、戦略上もマイナスでしかないの。「こんな子なら、虐待されても仕方ない」「こんな大変な子じゃ、里親さんに同情する」と思わせたら、広報的には失敗なの。本当にもったいないと思うわ。

 あのhashigotanさんも、似たような態度だったから、親から虐待されたことへの共感を持つ人は少なくて、性虐待への興味津々なペドフイルと、単なるお祭り好きな人が集まるだけだったの。そして、結果は、過去記事を全て消してのブログ閉鎖。

 怒りがあるのは、本当にわかるの。だけど、怒りを向ける相手と方向性を誤ると、味方になる人まで敵に回すの。
 里親家庭の虐待を告発するのは大切なことだし、子どもたちが虐待しない里親の元で育って欲しいから、方向性を誤らないで欲しい。今のままでは、この方達への辟易とした気持ちしか生じないから…

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。