*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-13(Thu)

News 里親26家族と子どもが対面

Mt.FUJI

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200908110297.html
里親26家族と子どもが対面
'09/8/11 中国新聞


 広島県東部の養護施設で生活する子どもと、お盆を一緒に過ごす里親との対面式が10日、福山市瀬戸町の県東部こども家庭センターであった。県東部地区里親連合会が主催した。

 4~12歳の子ども24人と里親26家族が出席。連合会の佐田幸三会長が「楽しい思い出をたくさんつくってほしい」とあいさつ。子どもはお菓子や図書カードが入った袋を1人ずつ受け取り、笑顔でお礼を言った。20日まで里親のもとで過ごす。

DSC07106

 今日からお盆。

 Leiちゃんは、ダンナの実家に一緒に行くという。電波が届いたり届かなかったするビミョーなところ。

 シセツにいた頃、お正月とお盆の時期は、シセツがガランと静かになったの。いつも、人の勉強や読書の邪魔をする子たちがいなくなって、せいせいするのだけど、あまりにも静かだと、どこにいるのかわからなくなるの。

DSC07036

 お盆の前の数週間は、外泊禁止を恐れて、日頃のワルたちも、妙にいい子になっていた。いつもなら意地悪するシチュエーションも、ニコニコして気持ち悪いくらい。

 お盆と正月は、家に帰れる子と、そうでない子の差は歴然としていたの。

DSC07024

 お盆の一週間は、櫛の歯が抜けたように子どもが一人減り、二人減り、気がつくと、人数は三分の一くらいに減っていたの。
 ハリーポッターの第一作で、クリスマス休暇に子どもが一斉にいなくなり、寮に数人だけ取り残されるシーンがあったけど、まさにあんな感じだったの。

DSC07070

 お盆に家に帰る子たちは、学校の通知表を必ず持たされ、親に成績の報告をすることになっていたの。どんなにいい成績をとったって、見せる相手もいないあたしは、みょうに焼け付く感じがしていた。
 帰る家もない、親もない、親戚もないあたしだけど、お盆ウィークだけは、なぜか敗北感で一杯だったの。

 勉強は自分のためにする。読書は自分を磨くためにする。誰かに見せるためにするのではない。そう自分に言い聞かせながら、夏休みの宿題と、たくさんの読書をこなしていたの。

DSC07063

 中学校最後の夏休み、トルストイの「戦争と平和」を全巻を読破しようと決め、宿題を全て終え、お盆ウィークに読み始めたの。シセツの子が大半いなくなるから、早朝マラソンや掃除はなし、8人部屋も、一人で個室状態。※ドアがないから、個室と言えるかわからないけど…

 お盆と正月は、シセツで一人になれる数少ない時期でもあったの。

DSC07135

 ただね、この新聞記事のような、お盆里親みたいなものがあれば、また、少しは違ったのかもしれないと思うの。もう少し、家庭生活を知ることが出来たのかも知れない。

DSC07139

 閑話休題。
 彼は実家に帰るけど、あたしは、帰る実家もないから、お盆ウィークもお仕事。部下に優先的に休ませて、あたしはお盆明けに休暇をとろうと思うの。
 Leiちゃんとは、お盆明けまでしゃべれない。ちょっと、寂しいという感覚が身につき始めている気がするの。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

話はさておき…、それはおいといて…

 たしか、夏目漱石の小説にずいぶんと使われていたと思うの。「閑話休題」と書いてあって、「それはさておき」とルビが振ってあったので、なんとなく憶えたのよ、

 本来は、話が脱線したときに、本筋に戻すときに使われるのだけど、単に話題を変えるときにも使われるようになったわね。あたしの話は、何が本筋かわからないから、というか、根っこの部分では全部つながった本筋だと思うけど…。

 まあ、実家奉公がんばってね。

 お盆ウィークが開けたら話そうね。あたしのお休みは、変更したわ。

すぐ帰る

 Maria、ドナドナの歌が頭の中を駆け巡ってる気分だよ。今から行ってくるね、すぐに帰ってくる、というより、帰りたい。帰る場所はMariaの通話圏内。

Leiちゃんは、ダンナの実家に一緒に行くという。

 家に帰れない子の為に、保母の実家に連れてかれた事があったけど、その家のお父さんは、酒乱【しつれい!】に見えて、赤ら顔でわたし達施設居残り組の、顔に吐き付けてきた・・・。

 わたし達は、たぶんきっと、何が起こってるのかわからなかったと思う。保母は自分のお父さんのそういう態度をやめさせなかったし・・・。
 
 保母の家にお泊りは、嫌だなあと思ったのかどうか記憶にないけど、大人の今、Mariaが言うように、里親さんのところでお盆を体験できれば、何か違ったのかな・・・。
 
 それじゃ、待っててね。

あ・・・それから
 
 閑話休題

 っていうキーワードを、検索掛けないで自力で考えてみたら、たぶん、こういう意味かな?

 とりあえず、とか?

 
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。