*All archives* |  *Admin*

≪09  2017/10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  11≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-03(Sat)

叱られた…

 休みなので、B子のアパートに様子を見に行こうとすると、彼に「いい加減にしろ」と叱られた。
 
 相手が逃げているのに、追いかけていってお金を渡そうとするのは、助けることにはならないと言われた。
 
 「これ以上は、単なる自己満足でしかなくなる」
 「好意の押しつけになる」
 「エンパワーメントは、本人の気持ちを尊重しなくては」
 「施設育ち個人で背負う問題じゃない」
 「生活保護など、公的なセーフティネットに繋いだ方がいい」
 などと、言われた。

 いちばんの問題は、
 「いつもしかめつらで、思い詰めた顔をして、笑顔がない」ということ。
 
 反論できなくて、一日、じっくり考えたの。
 
 「なんとかしなきゃ」という切羽詰まった感覚が襲ってくる。
 いても立ってもいられなくなる。
 気がついたら、思い詰めて行動している。
 
 B子のためと言いながら、感覚は16歳の頃のあたしを助けようとしている。
 当時のことを、少しも整理していなかった。
 ちっともセピア色になっていない。
 だから、何とかしなくちゃと、おかしくなっていく。

 冷静だと思っていたのに、ちっとも冷静でなかった。
 
 少し、つきものが落ちたみたい。
 
 もう、B子の電話番号は削除したの。
 こちらから追いかけるようにかけるのは止めた。
 もし、またかかってきたら、そのときに改めて、考えることにする。
 そのときは、「もやい」や福祉事務所、女性センターなどに繋ごうと思う。

 B子には、もやいの案内や、福祉事務所の所在地、生活保護の手続きなどの資料を印刷してメール便で送った。
 もう、あたしのお節介は、これでお終いにする。
 
 用意したお金は、液晶テレビを買うことにした。価格コムで、いろいろ探している。自分が楽しんでいいよね。たとえ、どこかで困っている人がいても…
 
 彼は、いますぐ注文しようと言うけど、二・三日待ってもらった。それでも連絡がなかったら、本当に買おうと思っている。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。