*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-25(Wed)

施設の子に害をなすのは施設の子

⇒狼と羊たち
※この記事は非公開になったので、一番下に写しを追加しました。

 この、たま&ポチと名乗る方のブログを読んで、吐き気がしたの。
 
 以前、あたしとLeiちゃんのブログに意見した方がいた。最初は「通りすがり」のようなふざけたハンドル名で書き込みをしていたの。
 あたしが、「たまでもポチでもいい、ここだけの固定ハンドル名を」とお願いしたら、「たま」というハンドル名で書き込むようになったの。
 
 だけど、この方の書き込む内容は、あたしたちの趣旨とは外れ続け、とうとう、ご自分のコメントを全て削除していなくなったの。
 
 それはどうでもいいんだけど、Leiちゃんが、「ぽち&タマ」と名乗る方のブログを見つけてきたの。そこには、施設のルールを守る子を施設エリートと呼び、職員に抵抗しない子をと呼んでいるの。
 そして、ご自身は、暴力職員にレジスタンスをした「狼」と言わんばかり…
 
 このたま&ポチと名乗る方は、よほど、中卒のあたしや高卒のLeiちゃんに論破されたのが心外だったみたい。記事の所々に、Leiちゃんやあたしへの当てこすりとイヤミがちりばめられているの。
 「狼」というより、「負け犬」の遠吠えみたいでみっともない。
 
 こんな性格の悪い子でも、それを殴ったり蹴ったりする職員は問題だし、殴る職員を正当化したり擁護したりするつもりもないの。暴力は、どんな子どもに対しても行ってはいけないと思うから。たとえ、小さい子に暴力を振るう子であっても、性格のねじ曲がった子であっても…
 もっとも、教護院に行かされる子は、他の子どもに対する暴力が止まらなかった子が多い。特定の子にはなぜか優しくても、それ以外の子には平気で殴る蹴るをする子もたくさんいた。
 
 あたしは、性格の悪い子には関わりたくなかったし、暴力的な子にも、絶対に関わりたくなかった。
 
 悪法も法なりとソクラテスは言ったけど、養護施設の問題児たちは、小さい子を平気で殴ったり、性的なことをしたり、施設のルール以前に、人としてしてはいけないことをする子も少なくなかった。
 
 もし、こんな子たちが、「職員から虐待を受けた」と訴訟を起こして、証言して欲しいと言われても、相手を見て判断すると思うの。証言に立つリスクはあるし、そのリスクをかけるだけの関係があったかも考えてしまう。
 
 施設の子どもの敵は、施設の子ども
 
 子どもに一方的に暴力を振るう職員も問題だけど、職員の目の届かないところで、小さい子・弱い子たちへの暴力・性暴力を振るう子たちを何とかして欲しかった。
 
☆施設内虐待防止法(改正児童福祉法 第6節)の要旨
①社会的養護の対象児童(被措置児童)への虐待を「被措置児童等虐待」と定義し、児童養護施設などの施設内施設だけではなく、里親家庭、児童相談所の一時保護所などの児童虐待も対象。
②虐待の定義
 一 被措置児童等の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
 二 被措置児童等にわいせつな行為をすること又はわいせつな行為をさせること。
 三 被措置児童等の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、同居人若しくは生活を共にする他の児童による前二号又は次号に掲げる行為の放置その他の施設職員等としての養育又は業務を著しく怠ること。(下線は、児童間暴力・性暴力の防止)

 ストップの資料によると、児童福祉法の改正で、児童による他の児童への暴力・性暴力を放置することも虐待と定義されるようになったの。
 Edwardさんを始めとした施設内虐待を許さない会のメンバーが、厚労省に意見書を出し、児童間暴力の防止を児童福祉法に入れさせることが出来たと聞いているの。
 
 養護施設の子の敵は、職員だけではなく、養護施設の暴力・性暴力を振るう子たちだったの。当時は、それを虐待とは言わなかった。だから、あたしもLeiちゃんも、上級生たちからのそれを虐待とは言ってこなかった。施設男子による集団レイプもあった。でも、それは虐待とは定義されていなかった。ただ、それだけ…

 この記事に対してトラバしようと思ったけど、この記事だけはTrackBackのリンクがないの。他の記事にはあるのに…。
 むかつくから、他の記事にトラバしようかしら…

※今朝みたら、リンク先の記事が非公開になっていたの。元記事の内容がわからなければ、まるであたしやLeiちゃんが一方的に言いがかりをつけている印象になってしまうの。だから、保存しておいた記事を追加するわ。
狼と羊たち   テーマ:施設の中の人たち
ganbare-sisetuの投稿

養護施設の中には、大別して「狼」と「羊」に分けられます。
狼とは、施設職員の理不尽に対し、反抗する者たちです。
傾向として、大人に頼らず自分で考え、自分で道を模索します。
したがって、より強力な虐待にあったり、時には養護施設から、教護院という所に送致されます。
当然、狼で居られ続けるものはなく、最終的には職員の云われなき暴力に屈服しますが
それでも、心の中に、牙を隠し続けています。

ただし、養護施設の中でも、この「狼」で居られるものは、ごく少数です。
なぜなら、そこには虐待という名の暴力が待っているからです。

あなたは、小学2年の時に、3日間に渡る「殴る蹴る」の暴力を受けた事がありますか?
何の証拠もないまま、職員(大人)の目を見ただけで、泥棒扱いされて2時間近くに及ぶ
暴力を受けた事がありますか?
これが、牙を持つ者に与えられた末路です。

これに反抗して、職員を殴った者もいます。
しかし、次の日には、教護院へと消えていきました。
脱走したものもいます。 しかし、これらの者も捕まり
累計が3回に達した時点で、理由の如何なく、教護院へと消えていきました。

私は生き延びるため、羊の皮を被り続け、自分で生き抜く道を模索しました。
これが多分、大多数の施設出身者と違う部分でしょう。

それに対し羊たちとは、職員の言う事に従順に従う者です。
彼(彼女)らにとって、狼とは規律を乱す存在でしかなかったようです。
職員のやり方に従順であり、その行動に疑問を感じていません。
私は逆に、彼らの考えが理解できないという対局にいます。
これは、考えてみれば当たり前で、職員の言われるまま、全ての行動をする為
自分で何かを判断するという事ができないのです。
すなわち「個性」がありません。

羊たちは、逆に私の目の前に映る光景の中では、虐待を受けた事は皆無です。
誰かを殴ったとか、人の者を取ったといって、叩かれる(私の受けた殴られるとは、レベルが違います)
という事はあっても、自我と引き換えに、平穏な日々を手に入れていました。

しかし、羊たちは、実社会にでて
「電車の乗り方がわからない」 「○○の買い方がわからない」
と苦労をしているようです。

そして、それらを
「スキルを与えてくれなかった周りの者」
へ責任転嫁をはかっているように見うけられます。

はっきり言って、私もそういう事を周りの大人から聞いた事はありません。
教わった事もありません。 自分で他の方のやり方を見て覚えるのです。
それが当たり前!
と言っても、闘いを忘れた、牙を抜かれた者には理解されないでしょうね。

ただ、今施設で暮らしている方で、ブログを見れる恵まれた環境にいるなら
自分を強くする武器を是非身につけてください。

それは、「学力」でもいい、「スポーツ」でもいい、「音楽」や「絵画」のような芸術でもいい
自分にとって 
「これは人には負けないぞ」
という、武器を身につけて下さい。
それらは、きっと大人になった時のあなたを、助けてくれる支えになります。

見かけは職員の暴力に屈しても構いません。
心の中に「何故? 何?」という疑問を無くす事を忘れないで下さい。
これを捨て去ったとき、あなたの自我はなくなってしまいます。

かつてガリレオが言ったように
「それでも地球は回っている」
という考えを持ち続けてください。

あなたが、あなたであり続ける事。 これに誇りがもてるようになってください。

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

初めてコメントします。
ここ数日、こちらのブログを読みに来ていました。

私は養育里親になるための研修の申し込みをしたばかりです。
あまりにも現情報が得られないので夜な夜な、パソコンに向かっています。

この記事内にある、リンク先のタマさん?のブログも里親制度のところを読みました。
全体的な印象は、幼稚で脈絡の無い文章。
凄く解りにくく、一方的な感じ。
mariaさんと同じように、私も読んでいて気分が悪くなりました。
タマさんの主張から想像できるのは、里親制度に手当てがあるのが相当ショックだったようですね。
里親制度に手当てがあることに対して、それまで里親に夢を抱き、凄く信じていたのに裏切られたような気持ちになられたのだと記事を読み感じました。

No title

はじめまして こんばんは。

私も養護施設長期入所者ですが、この「たま」さんは現実を全く知らなかったようですね。

養育里親さんにお金が支給されている事すらご存じなかったようです。

「里親家庭を家と呼ばないで」といったMariaさんが以前にご紹介されていたサイト?と結び付き(結託し?)よくわからないネガティブキャンペーンを実行されているようです。

日本の里親制度にも問題があると思うのですが、「当初は養護施設での虐待を訴えておられた方が今度は反里親を訴えている」現状は私の理解を超えます・・

何をされたいのか意味不明です。

はじめまして

なんか児童施設とか調べてたらとんできました。はじめまして。なんだかまた別の世界を見たなっていう感想。子供を育てるとか、出産するとか、簡単に考えてるかなって自答しました。
ちなみに子供ほしいんですけど、ゲイなんです。サンフランシスコとかだとみんな子育ての話らしいです。日本は遅れてるのかしら。

最初は責める気持ちがありました

施設出身者のカナンです、
施設出身者のカナンです。
ちょっと思った事を言います。
思うに、たまさんが反応を見せたのはLeiさんの
方に思いました。
私の気持ちを思い出してみたいと思います。
他の件で、トリアージで引用された記事を読んで、
自分の中にLeiさんへの苛立ちが際立って。
普段は絶対に失礼で言えないような事を言いました。
その事はすごく申し訳なく思うんですが何故だろう?
何故Mariaさんの記事にはとても学ぶ事が多いのに
Leiさんには、そこを感じにくくあの時きつく
言ってしまったのかかな?と考えてます。
たぶん恵まれているように見えてしまうのかな?と。
これは今でも最大の謎です。
MariaさんとLeiさんは性格は違いますしアプローチ法も
違うと思いますがLeiさんの記事に感じる苛立ちを隠せなく
なる人が現われては消えていくのを見る事になりました。
私も自分のコメントを消して去っていこうとしました。
でもMariaさんの記事で我に返って、苛立ちがスッと薄く
なりました。
これはきっとMariaさんのように虐待の傷が感じられる子には
自分では止められないくらいの共有感を持てしまう人々の反応
かと思いました。
私はたまさんの気持ちは分かりません。でも彼が反応した
のは、一見してむしろ恵まれているように見えてしまう
Leiさんへの反応で、その連想で過去の大人しい羊の子たち
が思い出されてきたのかと思いました。
私もあの時、電車の乗り方位で何言ってるの?と思った時、
知らず知らず書いてました。
たぶんたまさんはMariaさんを思考停止とは思ってないかも。
彼はLeiさんのブログに書きこんだあと謝罪して去りましたね。
Leiさんのような問題は発達障害や軽度の障害の分類に見えて
その流れで思考停止という言葉が浮かんできたのかしら?と
あれから私も自分の記事を思い浮かべては考えています。
なのでMariaさんが受けた虐待の傷の問題とは分けられる様に
なりました。
引用のブログの文章は私の心にも多少あるように思います。
もちろん他の児童をリンチしたり苛めたりしませんでした。
ただ、私の中にもある種の子達への漠然としたイライラを
持ってしまう事に気付きました。
全く違うお2人の全く違う世界観とお2人のメッセージは
施設といっても、本当に色々な子が集められてると知りました。
とまりがつかなくてスミマセン。
引用ブログの方と時期が重なり、自分の事とも
少し重なり、とても複雑な気持ちでいます。

No title

>職員に抵抗しない子を羊と…
しないんじゃなくて、できないんだと思う。
できないことに責任があるかというと、子ども(そのまま大人になるんだろうが、大人になっても)には一切無いと思う。
抵抗できないくらいの暴力を受けるわけだから。

>生き延びるため、羊の皮を被り続け、自分で生き抜く道を模索…
そんなに理性をしっかり保っていられるのは稀。

>自分で何かを判断するという事ができないのです。すなわち「個性」がありません。
その「個」を育てるのにはやっぱり大人がちゃんと接していかないと大抵は育たない。それは施設に限らず両親がいる家庭でも同じ。責任転嫁じゃない。

そんなに人間たった一人で生きていける、牙を持ち続ける、どんなに暴力を振るわれても理性を保っていられるなら、「家庭」とか「他人とのつながり」が少年事件や様々な社会問題(介護問題とか)を通していかに重要かってところに落ち着くのは何故なのかなって思う。

私は施設のことは詳しくないです。
家庭内虐待でずっと育ちました。

虐待の傷というのはそんなに簡単に払拭できないよ。本当に、本当に様々な条件が重なり合って、一概にこうすれば成功する、回復するなんてものはない。
この引用されているブログは励ましにはならない。
「もっと頑張れ、もっと耐えろ。弱音を吐くおまえが一番悪い」と、虐待の真っ只中で苦しんでいる人を痛めつける感じがする。

No title

1.ハンドルネームの件からして、この「通りすがりさん」は現実に対して無責任なのかもしれないと思いました。
2.自分以外の人が「心に牙を持って羊の皮をかぶっていた」可能性を考えていないという点で、一方的な感情の正当化に長けてしまった人だと思いました。
3.納得させられる具体的な「職員に牙をむいた事例」がない限り、ただの自己満足だといわれても仕方がありません。
4.最後の、何かの技能を身につけることが自分を救うかもしれないというのは、ある程度賛成です。ただ、それより先に、自分のテリトリーを侵させない、自分の居場所を造っていいという感覚、他人のテリトリーを侵さないコミュニケーション力を身につけるほうが先だと思います。

施設しか知らない「施設エリート」の一人の意見です。

変なレスしてしまった

 Mariaごめんごめん。酔っ払って書き込むとしょうもない返事になってしまう。大したレスじゃないからスルーして。
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。