*All archives* |  *Admin*

≪03  2017/04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  05≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-26(Fri)

News 講演会:「育ち直し」支える場を 杉山医師、里親活動呼び掛け--大津 /滋賀

引用元
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20100224ddlk25040548000c.html



 ◇児童虐待の実態報告

 児童虐待が子どもの発達に及ぼす悪影響を知ろうと、大津市里親会(元藤大士会長)がこのほど、設立30周年記念の講演会を開いた。講師は、あいち小児保健医療総合センター心療科部長で児童精神科医の杉山登志郎さん。「虐待が子どもの脳に与えるダメージは深刻。『育ち直し』を支える存在が不可欠だ」と里親活動への協力を呼び掛けた。

 杉山さんは自閉症やアスペルガー症候群の研究者であり、虐待された子どもの治療を続けている。講演では、全国の児童相談所への虐待の通報件数が08年には42662件と、90年(1101件)の約40倍に急増している実態を報告。虐待を受けた子どもの8割近くに医療的ケアが必要だが、後遺症は睡眠障害や注意力の低下、衝動的な行動や学習の遅れなど発達障害にも見られる特徴として現れるため、精神科や児童相談所などでも的確な判断が難しいという。

 親から逃れて児童養護施設に入所した子どもが施設内で“加害者”になり、暴力が広がる例も。一方で、里親の親身なかかわりで救われ、成長を遂げたケースも紹介した。

 杉山さんは「社会養護に国の予算が回らない現状で里親の大切さは増している。家庭の中で子どもの育ち直しを支え、人に愛着を抱けるよう支援してほしい」と述べた。元藤会長は「この30年間で里親への支援も厚くなった。今後は働いていなくても保育所に預けられるような仕組みづくりなど、協力しやすい態勢を求めていきたい」と話している。問い合わせは同会(077・525・9520)。【安部拓輝】

毎日新聞 2010年2月24日 地方版


tag : 里親活動 杉山医師 育ち直し

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

けっこう心配しています。いつも楽しみにしていたし、応援していたので。でもそれがお二人にとってプラスの方向に進んでいるのでしたら、それはそれでいいです。

でもとにかく応援しています。お二人の文章にとても啓発されますし、言っていることも理に適ったことです。

No title

レイさん、マリアさん、ふぁいと!いつも見守っています!
初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。