*All archives* |  *Admin*

≪07  2017/08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  09≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-13(Tue)

結婚の準備は大変…

Himetsubaki

 年開けてから、一緒に暮らしている彼と正式に結婚することになった。一緒に暮らして数年経つ。暴力的な施設の男子と違い、どんなに怒っても、絶対に暴力を振るわないところも気に入っているひとつ。

だけど、準備をするうちに、誰もいないことを思い知らされている。
ずっと、振り回されている。彼とはケンカばかり…


Cherry blossoms

結 納

 彼の家は、落ちぶれたとはいえ、地元では歴史のある家柄。本家ではないけど、本家筋に一番近い分家という。本家、分家と言われても、あたしはよく判らない。
 彼の両親が結納の品を持ってきても、あたしにはそれを受け取る親がいない。
 彼も、私の立場に立って、結納は省略したいと言ってくれたのだけど、彼の親や親族が許さない。
 
 結局、食事会だけをして、あとは省略してもらったの。でも、あたし一人ではおかしいというので、お世話になっている社長夫妻にお願いして出席してもらったの。おいしいと評判のフランス料理のお店だけど、料理の味もわからなかったの。
 
 無事終わったけど、憂鬱になったわ。結婚までの儀式は、家どおしの婚姻の名残が残っているのね。式をしないで、結婚届だけを区役所に出したいと思っても、彼の周りがそれを許さない。やめちゃおうかな…

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

はじめまして。

私は家庭で育ちましたが、親を当てにできなくて
自分ですべて準備しなくてはならなかったし、
相手が伝統を重んじる名古屋人だったため、
結婚前のいろいろを乗り越えれず、式場に予約・
家具や衣裳決めなど全て済んでから諦めて
キャンセルした経験があります。

今の夫の家族や親類は寛大だったし、
結果良かったと思うけど、
結婚後は、あまり結婚前後の事なんて、
話題にもならないのに。。。
と思うと、あれはなんだったのか、
2人の旅立ちを祝えてこその儀式だと
思うのですが。。。

ただ、相手の家族を尊重する気持ちで
出来る限り、あわせることは相手のご家族や
ご親類の中で理解者を生むことにも
つながったような気がします。

なんとか、のりきって。

でも・・・

>前進できた時は、その勇気に拍手を!
 進めなかった時には、自分の気持ちに正直だったことに拍手を!

に賛成です。

No title

お久しぶりです。

遅れましたがご結婚おめでとうございます。

No title

久々に覗いたら
結婚の報告がありました

おめでとう
絶対に幸せになってね

嬉しいです♪

Mariaさん、初めてコメントをさせて頂きます。

Mariaさんの新しい人生に…。
Mariaさんの勇気に…。
心から、(^ー^)─∀☆∀─(^ー^) 乾杯♪
一緒にお祝いをさせて下さいね。

辛いことの全てを、一つ一つ乗り越えられた瞬間に、新しい世界が広がっていく事を信じ、応援しています。

その時々の選択に、どうか自信を持って、進んで下さいね。
たとえ後悔する事があったとしても、ず~~~~っと後になってから(走りきってから)、これで良かったと思えることが沢山ある。

前進できた時は、その勇気に拍手を!
進めなかった時には、自分の気持ちに正直だったことに拍手を!
それでOK。
どうか自分を大切に…。

自分を大切な存在だと思えた時、または、自分に大切な存在ができたとき、人は強くなりたいと思うもの…。その時、一歩を踏み出せれば、それだけで十分…。

どうか怖がらずに、自分のための一歩を…。

心から応援しています。(^-^ )/☆

No title

ファイトゥ!!!

No title

こんばんは。
コメントさせていただくのは、すごく久しぶりなんですが、マリアさんとレイさんのブログは読ませていただいています。

子どもをひきとって、やっと家族として暮らした年月の方がながくなりました。ここからは、私達夫婦の育てたように成長していくと思うと身の引き締まるおもいです。

マリアさん、御結婚が決まられたようで、本当におめでとうございます。心から愛する人に出会えたこといろんな思いがありながらも家庭を築こうと思われたこと・・・嬉しくおもいます。お幸せをここよりお祈り致しております。


No title

初めてコメントさせていただきます。

Mariaさんのブログ、
楽しく読ませていただいています。

一言だけお祝いを申し上げたくて、
書き込みしてしまいました。

おめでとうございます^^

No title

私も、面倒だな~と思いながら結婚式、披露宴をしました。
どちらかというとmariaさんの旦那さんになられる方の立場に近かったかもしれません。
私の方の両親と親族の強い要望でした。
その要望をないがしろにするほどやりたくないという思いは強くなかったから、なんとなく言われるままに・・・。
と言うのが正直なところです。
今も、結婚式、披露宴はしなくても良かったなぁと思います。
やったことで『しなくてもよかった』とわかったので、結局はして良かったのかな?
脈絡がないコメントですみません。
自分の結婚するときのことを思い出して、なつかしくなりました。

No title

うまくいくに決まってます!!! 負けちゃだめ!!! Mariaさんがこれまで味わったことに比べたら、親戚づきあいの面倒さなんて、たいしたことない。むしろ「この家を盛りたてるぞ」って思って欲しい! 大丈夫!雲の上にいつも太陽は輝いている!

相手が大事にしている事を大事にする

 
 Maria、今岐路に立っているんだね。

 わたしも結婚式、披露宴と、たったひとりで立ち向かった(笑)時、主役である筈の自分が場違いに思えた・・・。

 Mariaが、せっっかくのお料理の味が分からなかったのも、わたしはとてもよく分かる。あとになってちょっぴり、「あの料理食べとけば、味を覚えられたかな?」と思ったりした。

 ボーッとして、何が起こってるか分からないままに終了してしまう。

 今、Mariaの記事を読み思う事は、施設で育った自分には理解しづらい相手の側の主張を、自分が好きになった人が大事にしたいものだと思う事で、なんとか我慢?できた事を思い出した・・・。わたしだって、Mariaが大事に思っているものを、一緒に大事にしたいので、理屈には合うと思う。

 これから結婚して家庭を築くというのに、捨てられた感覚のままの結婚式は、やはり結婚としては辻褄が合わない・・・。

 それに、あちら側にしては、大事に育てた息子だから、ないがしろにされたくないでしょう?だから、わたしは誰もいないまま、結婚式に臨んだ事を思い出した。

 わたしも式に参加させてもらうね。わたしはあなたに家庭ができる事は、新たな心の整理の始まりだと思うから、いつまでもそばにいたい。

 相手が大事にしている人を自分も大事にするという観点をあの時持てて、今は、ちょっと自分には誰もいなかったから思い出すのもちょっと虚しいけれど、

 でも、彼の大事なものをおろそかにせずによかったと思ってる。

 だから、大変で面倒で、辞めたくなるかもしれないけど、どうか辞めないでね。

 追記

 わたしが、愛着や人を大事に思う気持ちや、とことん自分を奮い立たせて生きるパッションを学んだドラマが、Mariaとの語らいと、のだめカンタービレ、だった。

 あなたはアニメから知ったんだよね、わたしはアニメのファンになった。その前・・・わたしは、実写ドラマから実は、のだめ に入った。

 違う世界を知る努力、世界だけじゃない、日本の中の格差に対しても、考えさせられる面があって、大好きになったんだよね・・・。 

 でも、人を大事にする事が、何故必要なのか何となく感じられるシリーズだと思う。

初めての方へのご挨拶

告知バナー
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

from 2006/12/13/wed
total
yesterday
today

online guest:

Counter素材 

親が育てられない子に里親家庭を
Mariaの読書メーター
☆Mariaの読書メーター(編集中)

☆Mariaの最近読んだ本(編集中) Mariaの最近読んだ本
ブックマーク
 ← 全表示 Diigo ブックマーク 

Diigo ブックマーク 

 ←webで見つけたpdf資料



★被ブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

ページビューランキング
ブログパーツ
Google News(新着記事)
養護施設、乳児院、里親関連新着記事

新記事&コメント&トラバ
テリトリー内リンク集
必ず行く場所のLink集よ
施設の関連本(むかつく本含)
Frickr-photo

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from maria-soul. Make your own badge here.

あたし達の主張&共同管理よ

共同管理してます 里親さん応援サイト

時々webのお手伝い


わたし達の主張です 養護施設を家族・家庭と呼ばないで
STOP!犬猫「里親」名称

協賛しています
生活保護削減反対

どこの中の人?

あなたは何処から来たの?

シセツっ子川柳

☆Mariaのシセツっ子川柳
うたた寝中のちびまり

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。